215-1 バレエ 

 

 今月は、このたび浅草にオープンしたバレエスタジオのご紹介です。写真のように天井高は4m、対角線は17mを超える大空間です。これだけ大きなクラシックバレエのお稽古場は都内でもめったにありません。
建て主の正木亮様、本島美和様ご夫妻は、ともに経験豊かなバレエダンサーです。このたびご自宅を建てるにあたり、後進の育成にも力を入れられることになりました。

まずお二人のプロフィールを少しご紹介しましょう。

正木亮(まさき りょう)
1974年、東京都出身。バレエを始めたのは7歳。きっかけは妹さんの発表会。初めて見るバレエの舞台は6歳の男の子には夢の世界に見えたとか。ご両親は「男の子がバレエだなんて」と大反対でしたが、おじさんの助けを得てバレエの道へ。
1995年牧阿佐美バレヱ団に入団。その年、東京新聞主催全国舞踊コンクール第1位を受賞。『ロミオとジュリエット』、『くるみ割り人形』などで主役を踊り、ローラン・プティ(世界的振付家として知られるフランスの舞踊家)の振付による『ノートルダム・ド・パリ』で好演。
1999年のメキシコのガラ公演『ローラン・プティと仲間たち』やスイスジュネーブのガラ公演では、プティが彼のために振り付けた『Kamakura’s Beach』を始め3作品を踊る。同年5月、プティ振付『若者と死』に主演。
2002年、イタリアの『TODI ARTS FESTIVAL2002 』にて、リンゼイ・ケンプと共演。イタリア中を公演。
2004年、バレエ シャンブルウエスト(今村博明主宰)の海外公演『タチヤーナ』で主役、その後、バレエ シャンブルウエストの公演に参加。特に同バレエ団が行っている「清里フィールドバレエ」には、2004年より毎年参加している。

また、東日本大震災のときには「OSH(Off Stage Hypocrite)」を立ち上げ、被災者の支援活動にも尽力している。

本島美和(もとじま みわ)
東京都出身、6歳からバレエを始める。豊川美恵子エコールド・バレエ、橘バレエ学校を経て2000年、牧阿佐美バレヱ団に入団。
2001年、日本初の国立のバレエ研修所「新国立劇場バレエ研修所」の第1期生として入所、 2003年、新国立劇場バレエ団にソリストとして入団。 2005年の新制作『カルメン』で初めて主役に抜擢され、その後『ドン・キホーテ』、『ジゼル』、『くるみ割り人形』、デイヴィッド・ビントレー振付の『アラジン』、ローラン・プティ振付『こうもり』など、数多くの主役を務める。 2006年に橘秋子賞スワン新人賞を受賞。
2007年にはサントリー「DAKARA」のCMで、豚の被り物でのバレエの演技力が評価され、「ACC CMフェスティバル」のベスト演技賞を受賞。

2011年、新国立劇場バレエ団プリンシパルに昇格。

 さらに、すてきなお二人のお話をp4の「TOPIC」でご紹介します。

214-1 新年のご挨拶

「原宿TW ビルディング」丹下健三の最高傑作、代々木第一体育館を正面に臨む  撮影:阿野太一

「原宿TW ビルディング」丹下健三の最高傑作、代々木第一体育館を正面に臨む  撮影:阿野太一

新年明けましておめでとうございます。

皆様方におかれましては、お健やかに新たな年をお迎えの事とお慶び申し上げます。
本紙もおかげさまで創業以来、欠かすことなく発行し、この度214号を発行することができました。これも偏にお客様、特に建築家の先生方に様々な面で支えていただいた賜物と深く感謝申し上げます。
昨年の建設業界は、各社とも軒並み予想以上の成果をあげることが出来ました。しかし、「生活が良くなった」という実感は、時短を考慮しても、それほど感じられなかったのではないでしょうか。
この好況感は、引き続き今年の秋口までは続くものと推察しています。しかし世界的な内向き思考や、様々な地域で問題が噴出しており、一寸先は闇という状況に変わりはありません。
また、今年は明治維新から150年、リーマンショックから10年の節目の年でもあり、且つ、「平成」最後の年ということから、大きな変化の年になることは必至であり、注視する必要があります。
そのような時勢下ではありますが、ZENホールディングスの目標、「地球上で最後まで生き残る会社」を弊社も当然目指してまいります。この目標達成のためには、磐石な財務基盤の確立はもとより、社員一人ひとりが、真剣に情熱を持って行動し、心からお客様に喜んでいただける仕事をしていく以外に道はないと確信いたします。
どうぞ、本年も社員一同、熱く挑戦して参りますので、引き続きご支援ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。
2018年 元旦

                          株式会社辰 代表取締役 森 村 和 男

 

213-1 アーティスト・イン・レジデンス

 写真は、この度弊社がリニューアル工事をさせていただいた、新しいタイプのオフィス・アパートメント「PORTAL Apartment & Art POINT」です。渋谷駅西口からJR山手線の線路沿いの道を恵比寿方面へ歩くこと5分。グレイの色調の楽しい壁絵が施された建物に、グリーンとウッドベンチ、キッチンカー、赤と白のテントなどが置かれたバックヤードが現れ、道行く人の心を引き付けます。
(線路側のバックヤードは上の写真のエントランスの反対側になります)
 今回のリニューアルをプロデュースしたのは、トランジットジェネラルオフィス、企画・管理は、同グループの株式会社リアルゲイトです。トランジットグループは2010年、お台場・青梅地区で日本最大級のSOHOオフィス、「the SOHO」(約380区画)を手掛けて、小規模事業者のための新しい働き方を提案し、注目されました。2009 年の創業以来、シェアオフィスのリーディングカンパニーとして、都心部を中心にクリエイター層に支持される施設の企画・運営を32棟行っています。
最近では、クリエイティブオフィス「PORTAL POINT」シリーズを麹町、有楽町、青山の3カ所で展開。第4弾となる、この渋谷・桜丘町では、サービスアパートメントという“住む”機能を付加させ、クリエイターやベンチャー企業、海外のツーリスト向けに、さらにフレキシブルなライフスタイルを提供していきます。
なかでも、海外アーティストによるアートが施された2部屋を、「アーティスト・イン・レジデンス」で実現しました。
「アーティスト・イン・レジデンス」とは、アーティストが一定期間、その場に滞在して作品を完成させるというものです。古くは、ミケランジェロ時代の工房から存在しており、20世紀に入ってからはNYの芸術家村「Yaddo」などが有名です。海外に比べ日本では自治体で行うものが多く、自然が豊かで安全な日本での滞在を希望する海外アーティストは、少なくないようです。アーティストがその地域にあるものに影響を受けながら展開する作品は、制作活動自体が成果のひとつといえるようです。
一方で、アーティストの作品自体に主体を置くのであれば、行政の条件などがない形も、今後は増えてくると予想されます。
今回、アーティスト・イン・レジデンスの企画を行い、サービスアパートメントにおいてアーティストを選定したのは、長年、渋谷カルチャーを牽引している BEAMS。そして実際の2 部屋のアートを担当したのは、インドネシア在住のナターシャ・ガブリエラ・トンティと、タイのラキットです。ナターシャ・ガブリエラ・トンティは、2015 年「⻩⾦町バザール 2015」へ参加し、「UNKNOWN ASIA ART EXCHANGE OSAKA 2016」において、 BEAMS賞、ヒロ杉⼭賞、⽇下慶太賞を受賞するなど、オーストラリア、⽇本で活躍する注⽬のアーティストです。ラキットは、ステンシルで描かれた幾何学模様が特徴的なストリートペインターとして活動を始め、韓国、インド、⾹港、ドバイなどでも活躍。カシオG-SHOCKのスペシャルパッケージ、ラコステ、Live 、Smirnoff など、多くのアートプロジェクトを⼿がけています。
さらに、最初に述べたバックヤードの壁画やルーフトップに、独特の壁画(ミューラル)を描いているのは、Ly(リイ)さん。日本で生まれ育って、東京を中心に日本、アメリカ、フランス、タイ、マレーシアなどで壁画を制作。国内外でストリートペインターとして活躍中です。相棒のLUV(ルーヴ)くんという真っ黒なキャラクターの絵は、他にも建物内部の共用スペースのあちこちに見つけることができます。
アートがふんだんに盛り込まれた、リニューアル物件ならではの楽しい空間を、感性豊かな入居者の方々が、さらに使いこなしてくださることでしょう。

212-1 ないものを創る

tiers_00

「TIERS(荒川技研工業ショールーム) 」  撮影:平賀哲

 写真は、先日オープンした、表参道の「TIERS(荒川技研工業ショールーム)」です。10月16日から22日まで開催された、「DESIGNART 2017」では、4グループのアーティストの作品を、荒川技研工業のワイヤーシステムを用いて、新しい建築空間に展示しました。
期間中は、台風21号の影響で天気がすぐれなかったにも関わらず1000人以上の人が会場を訪れ、予想以上だったという社長の荒川創様にお話を伺いました。「今回は、ショールームを間借りしていた荒川クリニックの建物が老朽化したため、新たに独立したものを建てることにしたのですが、製品を単に展示するだけでなく、さまざまな使い方を提示して、ご覧いただける機会としました。(p4参照)

soh_arakawa

荒川創 荒川技研工業株式会社代表取締役社長

もともと研究者だった父、荒川秀夫が『ないものを創る』を理念に立ち上げた会社です。今で言うベンチャー企業ですね。1975年に世界に先駆けてワイヤー金具の調整機構『ARAKAWAGRIP』を開発し、その後この技術を核とした用途製品を次々と生み出して販売事業を展開してきました」

 荒川技研工業のワイヤーシステム「ARAKAWAGRIP」は、展示物が1kg未満のごく軽量なものから100kg以上ある展示物まで、用途に合わせた幅広いラインナップがあります。ボールベアリングを利用していて、ワンタッチでレベル調整ができ、確実に安全にワイヤーを固定できる金具です。様々なパーツの中から適切な金具を選択し、応用することにより、世界に一つだけの空間演出が可能になります。売り上げの15-20%は輸出関連で、アメリカ、ヨーロッパ、アジアにも拠点を広げています。
アメリカのワシントン・ナショナルギャラリーや、ロシアのトレチャコフ美術館などの海外の美術館でも採用され、美術作品の展示だけでなく、ショップのディスプレイや大阪道頓堀のリバーウォーク、鹿児島空港展望デッキなど、 土木・建築の分野でもその利用の可能性を広げています。
「ないものを創るという点ではこれまでも自分達だけでなく、一緒に使う事を考えてくれるクリエーター、デザイナー、建築家といった人々と協働作業を行ってきました。新しく出来たものを提示すると、新たにそれを使いたいというお客様が現れる、という繰り返しで、今日まで来ました。ですから、そういうクリエーターの方たちと一緒に仕事をし続ける空間として、単なるショールーム、ギャラリーを超えた、ものづくりのベースを作りたいという思いがありました」と語る創氏。
長男ということで「親から会社を継ぐようにと言われたことは一切ない」とのことですが、もともと土木・河川の設計を5年ほど経験してからの入社です。さらに次男の均さんは機械メーカーで製品設計の経験の後、入社。そして1番下の真さんも、工作機械メーカーに勤められていましたが、2年前にやはり入社しました。「3人とも、5,6年、外の世界を見てきて、やっぱり会社の可能性を考えるとこちらがいいということになってしまいましたね」と笑顔の創氏。 クリエーター達のデザイン・発想力に応える、ご兄弟3人のさらなるものづくりの力が発揮されそうです。