208-1 中目黒

「AOBADAI escalier (青葉台エスカリエ)」撮影:日暮雄一/日暮写真事務所

「AOBADAI escalier (青葉台エスカリエ)」撮影:日暮雄一/日暮写真事務所

 

写真の建物は、今月ご紹介する「青葉台エスカリエ」。escalierとは、フランス語で「階段」という意味です。設計は勝岳史建築設計事務所で、ビルの各フロアへ異なるアクセスを作り、それぞれ階段を独立させて配置しています。近くには、「キンケロシアター」があり、勝岳史建築設計事務所の設計で、弊社が施工させていただいた「AK-3」(ShinCLub121号でご紹介)もあります。3-4階に写真事務所が入った建物は、やはり階段が個別に用意された、個性的な建物でした。中目黒にお店を出そうという方は、同じビルでも他とは違った空間のデザインを好まれる方が多いそうです。小さくても自分の個性を発揮できるこだわりのスペースを求める方が多いのです。
また「中目黒」は、起業しようという若い人が最初に店を構えるには、スペースとしても最適な街だということ。ファッション、美容院、飲食店など、この街でまず開業し、軌道に乗ったところで、青山・原宿などへ、そしてより都心の銀座などで出店するのがビジネスの王道ともいえます。一方、桜の花見シーズンの、目黒川沿いの飲食店は大変な賑わいです。最近では人気グループ「EXILE」のグッズを扱う「EXILE TRIBE STATION」がオープンし、関連の他のお店を含めて、ファンの聖地にもなっているそうです。
そして、スターバックス コーヒー ジャパンも、国内初となる「スターバックス リザーブ ロースタリー」を2018年に中目黒でオープンすることが決まりました。「ロースタリー」は、敷地面積1,200平方メートルで、世界中から調達した個性的なコーヒーを出すだけでなく、スターバックスのコーヒースペシャリストやマスターロースターとの会話も楽しめ、イタリア料理で有名なロッコ・プリンチ氏監修の焼きたてのフードやパンも取り扱うとのことです。
シアトル、上海、ニューヨークについで、東京に世界で4番目のロースタリーを作るとあって、設計は隈研吾氏が行います。既に大宰府天満宮店でコラボレーションを行っている両者ですが、太宰府店は、木組み構造が店の入口から奥へ続いていて、あの参道では、圧倒的な存在感を見せています。中目黒では、どんなデザインが展開されるでしょうか。
 今後も若い人たちの流れが加速しそうな中目黒。楽しみですね。

207-1 フェイク

「 Raffinee Nakameguro」撮影:アック東京

「 Raffinee Nakameguro」撮影:アック東京

 

 知人の若い設計者が、外国からの設計依頼のメール(英文)を受け取りました。ある中東の国に、図書館と4棟のスタッフ住居棟の設計をしてほしいとのことです。結構な依頼金額です。海外の建築紹介サイトに自分の作品が掲載されているので、そのポータルサイトからの申込みだろうと設計者は思いました。4人分の旅費を出すので打ち合わせに来てほしい、とのことです。が、公の組織のように見えるその申込団体の存在を確認しようと大使館に連絡してみたら、同様の問い合わせが他の建築家から来ているとのことで、ネット詐欺だとわかりました。やはり甘い話には気を付けないといけないということですね。
日本国内でのネット詐欺・悪質商法に関する相談件数はすごい勢いで増加しています。日本のサイバー犯罪の相談件数は2016年は約13万1513件にも上っています。それに対して、検挙件数は8,324件(前年比+228件)と、被害に遭うとなかなか解決には結びつきません。
p1_talk

平成28年におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢等について(警察庁報道資料)

ソフトバンクの関連会社BBソフトサービスの調査では、2017年2月度だけで、危険な詐欺サイトの検知数は106万1442件で、ワンクリック・不当請求詐欺サイトが85.48%、フィッシング詐欺サイトが12.97%、マルウェア感染サイトが0.54%、その他ボーガスウェア(役に立たない偽ソフトをダウンロードさせる)などとなっています。
オレオレ詐欺に代表される、現実社会の特殊詐欺の件数は認知件数が増えて1万3,237件(前年同期比+468件、増減率+3.7%)となっていますが、被害額はむしろ減って406.3億円(前年同期比-75.7億円、増減率-15.7%)です。また高齢者が多いのですが、60-70代の女性が圧倒的に被害に遭っており、自分ではだまされたと思っていない親切心に付け込まれている事例も多いそうです。もともと防犯意識が希薄、という特色もあるそうです。
それに比べて、ネット犯罪の被害者は、ある程度パソコン操作に慣れている若い層、特に新社会人やブランド物をネットで購入する子育て世代の層が多く、また最近のSNSの隆盛を反映し、Facebookなどから悪質サイトへの誘導が増えています。LINE、twitter、Instagramなど、種類が多く、それぞれ特色が違うので、よく理解して使わないといけません。そして、スマホでのワンクリック詐欺や不正アプリをダウンロードしてしまうという被害が多いそうです。もしワンクリック詐欺の被害に遭ったら、とりあえず、以下の3点を参考にするとよいようです。
1. 請求されたら支払い義務はないのであわてずに「無視」する。
2. スマートフォン上に表示される登録・料金請求画面を削除する
3.業者からの連絡や脅しが酷い場合は警察へ相談する

 日本のネット環境や日本人のセキュリティに対する意識はまだ低いと言われています。自分の常識を信じて、フェイクには引っかからないようにしたいものですね。

207-4 「建物再訪」 3.大塚の家(N邸) 

耐震重視のサスティナブル住宅

今回は、2007年竣工した3階建ての戸建て住宅のメンテナンスのご紹介です。
長野県を拠点にお仕事をされてきたN様ご夫妻は、ご親戚の家に隣接する土地を取得されて、2007年、耐震性を重視したRC造のご自宅を建てられました。設計は都心の住宅設計を得意とする細江英俊氏です。お子様の独立やご夫妻の仕事の仕方の変化など、ライフステージにフレキシブルに対応できるプランを創出。建物前面の駐車スペースに前庭を置いたり、親戚宅に繋がる北側にも裏庭をおくなど採光・通風にも配慮しています。2階のリビングも南側に大きく開口部のある快適空間で、エアコンの室外機は屋上に設置し、さらに太陽光発電パネルも設置しました。
10年を経て、外壁にクラックが出てきたり、水漏れ箇所が見つかったこともあり、建物全体を点検し、メンテナンスを行うことになりました。

―10年を経て、お住まいはいかがですか。
奥様:子供が楽器を弾くので、遮音効果があるのはいいですね。あと冷暖房は、エアコンだけだと厳しくて、大型のガス暖房を入れました。
N様:私は特に不満はないけど、こちら(奥様)は「温熱環境は、床暖とファンヒーターだけで済む松本の家の方が、東京の家より温かい」と言っています。
奥様:松本はとても寒く、最初から温かい家を作ろうと、ハウスメーカーで木造住宅を建てたんです。雪はあまり降らないけど、凍結がすごいんですね。こちらではまず、地震の心配があり、「とにかく頑丈な家」とRC造を選択しました。実際2011年の震災があったのですが、3階の本棚が倒れたくらいでほとんど問題はありませんでした。
―設備など変えたいものはありますか。
奥様:特にないですが、防犯のシステムを変えてもいいかとも思っています。
細江:住宅設備は環境に応じて新しくなります。当時としてはまだ一般的でなかったのですが、東京ガスのエネファームの導入、太陽光発電の採用というご希望があり、屋上はパネル部分で10mを超えてしまうため中高層のお知らせ看板まで出して工事しました。
奥様:今回、たまたま水漏れがあったので、屋上に上がったら、予想以上に土やごみが溜まっていて、ドレインも詰まっていました。でも結構、景色もよくて、「もっと自分で上がってもいいわね」という話が出ました。
細江氏:防犯のことも考え、簡易なはしごにしておいたのですが、「メンテナンスのために、使いやすいタラップをつけるのもいい」という発見がありましたね。
奥様:松本の仕事との二重生活もあと2年くらいで終わる予定ですから、家で過ごす時間も増えることでしょう。1階の北側の部屋には床暖房も設置していますが、部屋を使いこなせていないので床暖房をさらに広げて楽しいスペースにしたいですね。
それから今回、松本の家もメンテナンスしたのですが、そちらは「屋根壁パック」というわかりやすい形で、費用もあまりかかりませんでした。こちらのRC造は予想以上で、RC造の規模の大きい住宅のメンテナンス費がそれなりにかかる、ということを改めて知りました。
細江:資産価値という点では、売却とか部分的に賃貸にするという場面でもない限り、実感いただけないかと思いますが、お二人で1階だけで生活ができるようにもプランニングしております。資産価値を上げるためにも、きれいに使っていただき、十分なメンテナンスを行っていただければ、ほんとにありがたいお話です。
弊社営業:そのためにも、お客様と長いお付き合いをさせていただき、ぜひご意見をいただければ幸いです。
―本日はありがとうございました。

構造:RC造
用途:専用住宅
規模:地上3階
設計:細江英俊建築設計事務所
竣工:2007年1月

206-1 和の心を食で伝える

「 大門KUROGIビル 2階客席 」撮影:アック東京

「 大門KUROGIビル 2階客席 」撮影:アック東京

 

 今月は、大門に新たに建ちあがった日本料理店のビルのご紹介です。
 オーナーシェフの黒木純氏は、今、最も注目されている若手料理人の一人です。

 

 宮崎に生まれ、小さい時から料理人の父の姿を見て育ったという黒木氏は18歳で上京し、10年間にわたり、名だたる名店で修行を積まれました。2006年、1日限定1組という割烹、北千住「1503」の料理長に就任。

その後、2008年「湯島121」をオープンさせました。 最初の半年は苦労されたようですが、師匠の「美味しいものを作っていれば、お客様はどこへでも来てくださる」という言葉を信じ、奮闘を重ねられ、半年後にはお客様が多数訪れる名店になりました。

2010年、店名を「くろぎ」に変えて、オーナーシェフとなり、そして2012年、テレビ出演の機会により、その凛とした佇まいが話題を呼び、一躍和食界の若手ホープとして、お茶の間にもその名前が知られるようになりました。

このたび、湯島の地から都心の大門へと拠点を移され、客席は減りましたが、さらに「素材と会話」しながら、その個性を最大限に引き出して、お客様に旬の食材を一番いい形で提供する場所を用意されることになりました。

 

 一方で、黒木様は、若い世代へ、もっと和食の良さを知ってほしい、と東京大学本郷キャンパス内に、和菓子の店「厨(くりや)」も2014年オープンしています。
「和食」はご存知の通り、ユネスコの世界文化遺産にも登録され、世界からも注目を集めていますが、さらに和菓子の良さも堪能してもらいたいという思いです。

 

 そして、4月20日、銀座にオープンした「GINZA SIX」。地下2階に、「くろぎ茶々」という、京都が受け継ぐ宇治茶を輪の中心に職人の手仕事が加わったお菓子のお店もオープンされました。イートインでは、「くろぎ湯島店」でお客様に人気のあった鯛茶漬けもいただけます。

 

大門「くろぎ」は、夜の部はほぼ年内は予約でいっぱいとのことですが、お昼はまだ余裕があるようです。ぜひ一度お出かけになってみてはいかがでしょうか。

 

「くろぎ」店舗情報

HP:http://www.kurogi.co.jp/
住所 東京都港区芝公園1-7-10

TEL  03-6452-9039
アクセス 都営浅草線 大江戸線 大門駅A6出口
JR 浜松町駅 北口
営業時間
昼の部 [火―土] 12:00~14:30
夜の部 [火―土] 17:00~23:00
定休日 日曜日、月曜日、祝祭日

 

※予約は当分の間、お昼だけとなっておりますのでご注意ください。
お昼のお席  12:00~14:30
お1人様    ¥30,000(税サ別)
予約電話番号 03-6452-9039