208-4 「QUICO 外壁補修工事」行いました 2017年1-4月

前ページでご紹介した「QUICO」の外壁補修工事は以下のような調査を反映して行われました。
1.外壁―仕上げの防水処理は、設計図書による仕様の改質アスファルト防水でなく、ケイカル板下地にFRP防水を施し、トップコートによる色付け仕上げと思われた。外壁に無数の亀裂、破損、欠損が見られ、室内への漏水箇所があったので、下地処理を施しポリウレアの吹付けを行った。
2.屋上、バルコニー、庇の床面は、防水自体はFRPによるものと思われるが、仕上げに張物があった。またドレン廻りはかなり劣化していたので補修を行った。
3.手摺、天井等の鉄部はかなり錆が出てきていたので補修。
4.ウッドデッキの木部―2、3階の南面にあるウッドデッキ床材は日の当たる西方向は乾燥状態だが、当たらない東方向は腐食しつつあったので張り替えた。
今回の工事では、ポリウレアエクストリームで修復。多少爆裂した箇所の凹凸が残ったところもありますが、全体にきれいに収まり、漏水も止まっています。お客様にもご満足いただいています。
米国ライノライニング社の代理店、ライノジャパンの営業統括本部本部長の角田孝道氏にもお話を伺いました。
「昨年、TVで紹介されたこともあり、一般の方への認知度はかなり上がってきています。ポリウレアは、2液混合による化学反応で、高反応性(超速乾硬化)と類まれな物性特性を発揮するエラストマー(弾性特性を持つ高分子結合物)です。2液を65~70℃の高温でスプレーガン先から噴射し、コンクリート・金属・鉄板・木材などほとんどの基材に付着、5~10秒で指触硬化が確認できます。1980年代の初めに開発され、その後商業化が進んだ比較的新しい樹脂になります。耐薬品性、耐摩耗性、防水性などあるのでいろんなところに応用されています。ピックアップトラックの荷台から建築建材、さらには地下マンホールなどにも利用されています。国内では2016年、水道施設の資機材の材質試験をクリアー。さらに「飛び火定」の試験も今後予定されおり、利用範囲の大幅な拡大が期待されています。いくつかの大学との共同研究も行っており、今後も実績を上げていきたいですね」
お問い合わせは下記の通りです。
ライノジャパン㈱ 電話:03-6228-1400

207-3 組織力とチームワークが成長の原動力 吉田健司/ビット89代表

経営基盤の強化と”稼げる力”の仕組み

5月の社内全体会議では、現在、弊社社外監査役でZENグループの監査等委員を務められている吉田健司氏をお迎えし、先に取り組みを開始した辰全体の採算性を上げる「近代工場プロジェクト」の実現のために、効果的な組織のあり方を講演いただきました。174号でもご登壇いただき、そのときは「プロとアマチュアの違い」を中心にお話いただきましたが、今回もわかりやすい資料とアプローチで、実際の行動への道筋を語っていただきました。

yoshida%ef%bc%8d01%e7%99%bd%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af

吉田健司氏

吉田 健司

1973年 早稲田大学 理工学部卒(経営システム工学専攻)
1975年 早稲田大学 大学院 理工学研究科 修士課程修了
(機械工学専攻 オペレーションズ・リサーチ専修)
旭化成 株式会社に入社。主に、経営企画スタッフとして、全社中長期計画/戦略の策定・構築、予算の編成・管理、設備投資の採算性評価などに従事
1983年 同社より、米国イリノイ大学大学院 ビジネススクールに派遣留学・卒業(MBA取得)
1989年 独立、「株式会社 ビット89」を設立。現在に至る
2010年 淑徳大学 国際コミュニケーション学部教授
2012年 淑徳大学 経営学部教授に就任
2015年 淑徳大学 教授職退任

 

 

 

 

吉田:会社とは何でしょうか。日本で初めて登記されたのは、渋沢栄一が作った第一国立銀行です。国立と言っても民間銀行です。実際には坂本龍馬の「亀山社中」が、会社組織のはじめと言われています。「亀山社中」の何がすごいかというと、仲間と共に作ったという点です。会社は英語で「COMPANY」。COMはラテン語で「一緒に」、PANYは「パン」という意味です。一緒にパンを食べる仲間、つまり日本語でいえば、「同じ釜の飯を食う仲間」なわけです。要するに一人ではなく、仲間で進めるものがきちんとそろうと大きな力が発揮できるということなのです。

yoshida_01company
会社組織というものを見ていくと、始めは幼年期、成長し、大きくなって、壮年期を迎えます。が、いつからか変化に対応できず、倒産する会社がある一方、一度ダメになってもJALのように立ち直る会社もあります。日本の会社の平均寿命はだいたい30年でしたが、最近は短くなって18年と言われています。うまくやれば100年以上続きます。

例えば、スマホやデジタルの普及で世界中のフィルムカメラの需要は激減し、有名な「コダック」というフィルム会社は倒産してしまいましたが、富士フィルムは世の中が変わると見越して、フィルムの微細加工技術を応用し、化粧品分野に進出して売り上げを伸ばしています。

yoshida_02kigyo

では、日本の建設業界はどうでしょう。現在、2020年の東京五輪を前に辰の皆さんもたくさん仕事を受注されていると思いますが、2018年をピークに建設への投資額は減っていくという予想が出ています。ですから、その先は誰かがやってくれると待っていては何も起こりません。いかに組織で打開するかと我々も考えて臨まなければなりません。

yoshida_03post5rin

 

 

では、「組織」とは何かを考えてみましょう。組織には、「集団」であることの他に2つの要素が必要です。1つは「目的」、1つは「ルール」です。でも「ここで働けば暮らしていける」という程度では強い組織になれません。目的意識をお互いに認識し合い、強くなるために自分が組織に対して何ができるかという「貢献意欲」がないと、普通の組織になってしまいます。
また、成長していく会社には何年か先のビジョンが掲げられ、これに持続可能な戦略があって生き残れる会社となるのです。会社の風通しがよく、言いたいことが言えるコミュニケーションが取れる会社が強いのです。

ここで考えたいのは、コミュニケーション。実際は取れているようで、取れていないことがあります。コミュニケーションとは、人から人へ伝えるだけでなく、話したことにレスポンスして、相手の意見をキャッチボールしたときに初めて成立します。メールも「読んだ」という確認メールを、まずもらうことが大事です。

 

yoshida_04soshiki

さらに大事なのは「危機感」。人は集まるだけではダメで、人数が少ない中でもシナジー効果、つまりいかにかけ算ができているかです。西堀栄三郎は「組織は和でなく、積で強くなる」と言っています。組織は個が活きて、努力してこそ強くなる。乗っかるものでなく、自分達で作っていくものです。ある人は、設計について、ある人は経理ができる、そういう個人が集まると一つのチームとして大きな仕事ができるということです。材料工学からも言えることですが、組織体は、単一より色々なものが入った方がより強くなれると言われています。野球でも、4番バッターばかりでは強くなれず、足の速い人や打つ人がいて強いチームになります。それと同じで、会社も個性を発揮しあって伸びていけることが望ましいですね。

 

さらに大事なのは「危機感」。人は集まるだけではダメで、人数が少ない中でもシナジー効果、つまりいかにかけ算ができているかです。西堀栄三郎は「組織は和でなく、積で強くなる」と言っています。組織は個が活きて、努力してこそ強くなる。乗っかるものでなく、自分達で作っていくものです。ある人は、設計について、ある人は経理ができる、そういう個人が集まると一つのチームとして大きな仕事ができるということです。材料工学からも言えることですが、組織体は、単一より色々なものが入った方がより強くなれると言われています。野球でも、4番バッターばかりでは強くなれず、足の速い人や打つ人がいて強いチームになります。それと同じで、会社も個性を発揮しあって伸びていけることが望ましいですね。

yoshida_05one

 

そして組織力を活かしていくためには”One for All , All for One”という言葉があります。私は組織論を大学でも教えてきましたが、一言で説明するときにはこの言葉につきます。こういう気持ちが組織にみなぎっているとき、この間のラグビー・ワールドカップでの日本チームのように、思った以上の力を発揮するものなのです。自分のいるチームをどれくらい愛しているか、という中で育った人は、その人も、その人を見て育った人もそうなります。
「お互い様」という精神と、「愛社精神」が個人と組織を成長させる原動力となるのです。

(抜粋し、お届けさせていただきました)

206-4 「2017年度 新入社員紹介」

「新入社員紹介」 2017年度入社の新人をご紹介します。

fresh_kobayashi

小林 貴史(こばやし たかふみ)               国士舘大学理工学部理工学科

工事部配属
わからないことばかりですが、早く現場を任せてもらえるよう、一所懸命頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。

 

fresh_kakizaki

柿嵜 憲人(かきざき けんと)                文京学院大学 経営学部

工事部配属
常に挑戦する気持ちを持ち、情熱的に行動し、進化します。わからないことだらけですが、たくさんの知識を得て、1日も早く一人で現場を持てるように努力します。

 

fresh_saitoh

齋藤 敏大(さいとう としひろ)              産業能率大学 情報マネジメント学部

工事部配属
今はまだ何もわからない状況ですが、一から建築の知識を学び、会社の力になれるように、日々挑戦していきたいと思います。

fresh_daruma

ダルマ・ウィラ (だるま うぃら)            ビヌス大学 日本語学科オフィス専攻

工事部配属
日本語がまだまだ下手で、専門用語も難しいのですが、早く理解できるよう、一所懸命頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。

205-4 プレートラーメン構造 見学会

さる3月10日、11日、現在、世田谷区松原で施工中の「(仮称)松二荘新築工事」の現場におきまして、設計のHoribe Associates architect’s office の主催による構造見学会が開催されました。
一種低層住居専用地域での建造物は高さ10mまでに制限され、住環境条例により最低住戸面積25㎡ 以上、室内天井高 2.3m 以上と定められています。
この厳しい法規制の中、快適な居住環境と、1戸でも多くの住居を計画するために、設計を担当された、Horibe Associates architect’s  officeが生み出したのが「鉄筋コンクリート・プレートラーメン構造」です。投資額の大きな建設事業において、建築物の長寿命化とニーズの変化に対応できる間取りの可変性の両立を可能にします。

 

プレートラーメン構造は通常のラー メン構造とは違い、柱と梁を壁と床の厚み程度の扁平なプレート状とすることで、柱型や梁型が現れることがなく、間口方向に耐力壁も必要ありません。
そのため、間口に対しての最大開口を確保することができ、法令の定める高さ制限の中においても、最大数のフロアを確保することができます。
柱型や梁型の無いフラットな構造躯体は、凹凸の無いスッキリとした居住空間を実現できるため、多様化するニーズに対して様々なプランを実現することが可能となります。
また鉄筋コンクリ ー ト造の特徴でもある高い耐震性や耐久性、耐振動性・耐騒音性により、安全性と快適な居住性を兼ね備えた、非常に優れた建築を実現できる構造といえます。(見学会パンフレットより)

 

構造:RC造
規模:地上4階
敷地面積: 338.54㎡
延床面栢: 467 .06㎡
容積率: 137.97%<150%
建ぺい率: 57.97%< 60%

意匠設計: Horibe Associates architect’s office
構造設計:高橋俊也構造建築研究所
設備設計:グランドファシリティ