トップ4項目でご紹介しています。全ての記事をご覧になりたい方はバックナンバーのPDFをご参照ください。

39-2 二軒家アパートメント

RC 造5階建ての建物は11戸のうち10戸が13坪前後の賃貸住宅です。 全体は、バルコニーが付いているA棟、バルコニーがないB棟、別の 入口より階段からアクセスするC棟と、3つのユニットからなっていま す。それぞれデッキテラスやバルコニーなどを経由して中に入る と、そこに玄関はなく、いきなり白いタイルの領域。それは昔の日本 でいえば、「濡れ縁」(雨戸の外に張り出した縁側)のようなあいまい な領域です。そこに、キッチンや、バスルームなど水廻りの施設を配 し、奥のフローリング部分とガラスの引戸で仕切ることにより、狭い 空間を広く見せています。

このあいまいな領域をどのように利用するかは、住まう人 の気分次第。バスルームもキッチンも透明だと広く感じる一方、同 居人の視線を遮れないので心理的に不安かもしれません。でもあ えて、賃貸で個人、あるいはカップルで住むのなら、この機能にわ ざわざスペースを広く取る必要はないでしょう。外部からの視線に 対しては、黒に近い暗褐色の木製ルーバーを目隠しにしました。タ イルを白にしたのも成功したと思います。テラコッタだと違った感じ だったでしょうが、新しい居住者がどのように使うのか、自分の実験 に付き合っていただく感じで楽しみです。「二軒家アパートメント」という名前にも、こだわりました。都心は今、どんどん住居表示が変わっています。二 軒家とは、昔この周辺に、地主さんが二軒しかなかったという名残 だそうです。今でも町内会の名前として、その名が残されています。
日本人は、元来生活空間の使 い方がうまいはずです。自然と うまく付き合って、風通しの良い 空間に住んでいました。それ が、都市化、近代化の波をうけ て、否応なしに西洋化させら れ、妙にセキュリティを意識し た空間ばかりになってしまっ た。でも欧米人は靴をはいて室内に入るけれど、その点は受け入 れられていないでしょう。ダイニング、リビングなどの機能的な空間 を増やすばかりだったけれど、追随するばかりではないですね。 日本のアパートメントと西洋のアパートメントはそもそも広さが違い ます。空間の知恵を取り戻す工夫を、建築家側から手助けしてい きたいですね。

木下道郎氏 談

場所:渋谷区
構造:RC造、地上5階
用途:共同住宅
設計:木下道郎/ワークショップ
構造:構造計画プラスワン
竣工:2003年5月
撮影:斎部功(木下氏は編集部)

37-2 Villa Porta Bella

2世帯住宅です。1階を2世帯にわけ、南庭を通して外から行き来することにしました。内壁に穴を開けることまではしたくなかったそうです。庭に面した、ダイニング・キッチンには、有名メーカーのシステムキッチンも検討しましたが、作り付けのものを家具屋さんに注文し、出来栄えにも満足されています。

特に、床は掃除がしやすいように、ビニール製のクッションフロアにしました。絵の制作作業もあり、お孫さんもまだ小さいため、神経質になることがないような素材に決めました。
「大勢の人が集まる場所にしたい」という社交的な奥様は、ここに長いテーブルを据える予定です。
ダイニングの脇の和室は、少し高くなっており、掘りごたつが設けられています。床は畳ではなく、スモークコルクを貼り、しまいこんでいた和ダンスがここには納められます。この和室の障子も、本物ではありません。和紙ではなく、メンテナンス不要のアクリル製にし、押入れにも同じものを使いました。和室の脇の階段を下りると、絵の収納室とは別にもうひとつ地下室があります。
ここは、大勢の来客を迎えたときの、多目的ルームとなります。オーディオ・テレビが備えられることになるそうです。
こうして、価格の高い本物と普及品を上手に選ぶ足し算と引き算を繰り返しながら、趣味やスタイルを重視した、楽しい家作りが出来ました。

 

28-2  駒場幼稚園改修工事

昭和30年に開園、内外ともRC打ち 放しの現在の建物が竣工した昭和48年から自然土壌(土厚約 40cm)を入れた屋上緑化を施していました。
しかし、現在のM園 長先生が来られた7年前までは、屋上は芝と田んぼだけで、園庭 もあまり緑がなく、排気ガスで汚れたジャングルジムは基礎が危 険だということで使われていなかったのです。心なしか子供たちに 笑顔が少ないと感じられた先生は、自然とのふれあいを通してい ろいろな経験をさせ、笑顔を取り戻してやりたいと、どんどん園の 手入れを始められました。雨漏りの原因となっていた屋上の階段 状構造は危険で子供も上がれないものだったので補修を行い、 プール付き滑り台と花壇に様変わり。西側の広いスペースには、さ まざまな野菜、樹木を植え、季節の収穫を楽しむ機会を持たせまし た。保育時間に子供たちは草花に水をやり、夏になると真ん中に 大きな簡易プールも登場します。田んぼの稲刈りは保護者の協力 を得て楽しいイベントになりました。園庭は知り合いの造園業者の 協力で緑が増え、ジャングルジムも明るい色に塗り変えられまし た。門から建物までのアプローチの木々には、手作りのオブジェが ぶら下げられ、来訪者を迎えます。あちこちに緑があふれ、本当に オープンな雰囲気の幼稚園なのです。当時27人だった園児は150 人に増えました。「予算?そんなにありませんよ。いろんな方の協 力でここまで来たのです。」と話す向山園長先生は、若い先生方に てきぱきと指示を出す、笑顔の素敵な女性でした

13-2 a/ha邸

先月オープンハウスを開催したa/ha邸が竣工しました。内部もご紹介します。白を基調にした
空間に、ご夫婦お二人のこだわりの家具や雑貨が彩りをそえます。1階の高い天井に穴があ
いているのは、撮影用のスタジオに利用するため。中2階は暗室、階段をあがり2階は浴室と
寝室、そして3階はウッドテラスの中庭をはさんで広々としたキッチン・ダイニングと和室。切り
取られた景色をバックに、IIDEE提案のモダンなキッチンでお客様とのお食事を楽しまれること
でしょう。パンチングメタルで目隠ししたウッドデッキからは屋上へと続きます。
なお、Boo-Hoo-Woo サイトの Archive TVで動画も楽しめます。ぜひご覧下さい。

構造:RC造
規模:地上3階
建築面積:84.29㎡
延床面積:214.58㎡
設計:青山玲建築研究所
監理:IDEE
竣工:2001年3月