60-2 M邸改修

2013年1月13日 at 5:02 PM

音楽好きの夫婦の家

四谷の閑静な住宅街に建つ、多世帯住宅の一部の改修工事である。工事は、増床、断熱を命題として始まった。「増床」については、既存の造作家具の配置からキッチンを開放することで、隣接する部分に子供部屋を確保し、結果的に「広く感じる」空間を創出できた。「断熱」については、RC造3層の住宅の3階部に位置するため、日照に恵まれているものの、夏場の室温上昇が考慮されなくてはならず、ダクトスペース及び断熱層としての天井懐を確保しながら、屋上に断熱材を敷き詰めた。さらに、例えば点検口の再設置などに代表される、既存の空調システムのメンテナンス性能の改善を行った。可能な限りメンテナンスのしやすさを心がけ、最終的には、トイレ・バスルームを含め、ほぼ全面リフォームすることとなった。住まい手としてのオーナーの経験と意見を重視し、既存の雰囲気を維持した部分とシックな色合いに再構成した壁・床材、建具・家具により、新築のような仕上がりに落ち着いた。

所在地:東京都新宿区
構造:RC造
規模:地上3階
用途:専用住宅
改修設計:大森伸一