156-4 大規模マンションのエントランス改修工事 

2013年4月20日 at 1:08 PM

築 29 年のマンションのエントランスを改修しました。既存の壁や天井、床タイル、照明を変更、ポストなども新しくなりました。

シンプルなタイルの床と吹付けの壁、
郵便受コーナーの入口の間の壁に設置された掲示板

ロビーから見た、前庭の植栽と設置されていた簡単な椅子

ロビー正面の装飾照明のコーナー。
間接照明が、植物を照らし出していた

before

  • 所在地:中央区
  • 構造:SRC造
  • 規模:地上 13 階
  • 用途:事務所・住宅
  • 総戸数:200 戸
  • 改修設計:牧野令
  • 担当:柴田
  • 撮影:編集部

after


豊かな緑の前庭の景色を損なうことなく、30年近くたった建物の壁や床、ポストなどのデザインを新しくしたことで、雰囲気もよくなり、また木目調仕上げの壁や石といった、内装の自然素材の味わいが温かみと格調を加えています。ソファが入ったロビーでは、小さなお子様から高齢者の方まで、入居者の方々がちょっとした休憩や待ち合わせに、自由に使っていらっしゃる様子が印象的でした。
やはり、意匠設計でグレードアップしたリノベーションは、、建物の資産価値をあげる効果が期待できるのではないでしょうか。