195-1 DNA

2016年6月14日 at 1:09 PM

「フレッドペリーショップ東京」 撮影:Stirling Elmendorf

 写真は、この春神宮前にオープンした、アパレルブランド、「フレッドペリー」の旗艦店です。月桂樹のマークのポロシャツでおなじみですね。今月はその有名なブランドのお話です。
【Brand History】
世界4大大会の全てを制し“グランドスラマー”と呼ばれた偉大なテニスプレイヤー/フレデリック・ジョン・ペリー。彼は引退後、当時あまり優れているとはいえなかったリストバンドの開発を、自身の愛称だったフレッドペリーを冠してスタートさせます。1952年にはフレッドペリー・スポーツウェア社を創設。ウィンブルドンの正式許可を得て胸にローレルマークを付けたポロシャツの製造を開始しました。
  Why your shirt was better than anyone else’s?
あなたのシャツは、他のシャツよりどの点が優れているのですか?
Ma’am, it’s the shirt that fits.
女王さま、このシャツはフィットするのです
 これはウィンブルドンに来賓として招かれた、かのエリザベス女王とフレデリック・ジョン・ペリーの会話です。ルーズなシルエットが溢れていた当時、フレッドペリーの体にフィットするシャツは女王陛下が話題にするほど英国で浸透していました。
 1960年代、ロンドンはカーナビーストリートから、当時ファッションカルチャーの最先端であり世界中に影響を与えたモッズが登場します。
夜通しクラブで踊り明かす彼らのライフスタイルにもフレッドペリーのシャツがフィットしました。これを期にフレッドペリーは単なるスポーツブランドではなくファッションとクロスオーバーした世界的にも類を見ないユニークなブランドイメージを確立していきます。
 2000年に入り、ヴィンテージファッションの復権からフレッドペリーのシャツに再び注目が集まります。1957年に開発され、襟と袖に二本ラインを配したデザインの元祖“M12”をコアアイテムとしてトータルファッションブランドに成長。M12は英国製であることに今尚こだわり続けています。さらに英国のアイコン的ミュージシャン/ポール・ウェラーに始まり、コム デ ギャルソンやラフ シモンズなどのデザイナーズブランドとのコラボレーションも話題となりました。
 2012年にはブランド生誕60周年を迎え、常に進化し続けています。そのスタイルは勝ち誇ることなく挑戦的に。もっともな理由があって反抗的に。
【 End 】
【Basic Data】
・Brand Name : Fred Perry/フレッドペリー
・Country : U.K./イギリス
・The Foundation Year : 1952/1952年
 ブランドのDNAを、建物に的確に反映させるために、今回のプロジェクトチームは、「Do’s and  Don’ts」、つまり「そうであること」と「そうではないこと」を細かく分析されていました。
振り返れば、私たちは、何が自分らしくて、自分らしくないか、結構あいまいになまま、日々を送っている気がします。自分がすべきこと、してはいけないこと、改めてチェックしてみませんか。