236-4 「円錐会企画 ongoing 05」 に協賛/本社7階に新たにオフィススペースを確保

2019年11月5日 at 1:59 PM

「円錐会企画 ongoing 05」 に協賛しました 10月27日 於:SHIBAURA HOUSE

横浜国立大学建築学科意匠系OB会円錐会が主催する建築イベント「ongoing」に今年も協賛いたしました。

今回は、「那須塩原市まちなか交流センターくるる」と「須賀川市民交流センターtette」という2つの市民のためのプロジェクトが選ばれています。2組の設計者のプレゼンテーションの後、建築家の方々の作品に対するトークが繰り広げられました。
「くるる」は大きな屋根を設けた平面計画が市民の自発的な活動を促します。
「tette」は組織設計事務所と若手建築家の協働という条件の下、5年半にわたる大きなプロジェクトで、メガストラクチャーと呼ばれる大きな床を基本に、子育て支援、図書館、生涯学習の3本柱のプログラムを互いにつなぐものでした。
建築家が互いに批評することで生まれる建築文化の熟成を意図されている企画とのことで、会場の「SHIBAURA HOUSE」も、妹島和世氏設計の屋外空間と屋内空間の自由自在な結びつきで新たな交流を生む、これも市民のための複合施設でした。

 

「本社7階に新たにオフィススペースを確保しました」   10月1日~

sc236_p4_3011

さっそく11月の全体会議で利用。カスタマー室による実例報告会が行われていました

 

弊社は、お蔭様で、この10月に創立20周年を迎えることが出来ました。
これまで渋谷のビルのワンフロアで本社全体の業務を行ってまいりましたが、ここ数年保管書類も増え、少し手狭になってきたこともあり、このたび同ビルの7階に新たにオフィススペースを確保することにいたしました。
こちらは主にリニューアル・リノベ―ション部門の拠点となり、また会議・打合わせのスペースも確保し、近場の現場事務所としても使用いたします。
日々の業務に追われがちな社員たちのキャビネットも少し分散され、整理整頓しやすく効率的な仕事につながっていくことでしょう。

sc236_p4_304

再生部コーナーから臨む

sc236_p4_303

打合せスペース

sc236_p4_302

応接コーナー