194-4 注目のポリウレアコーティング『ライノ・エココート』

2016年5月17日 at 3:59 PM

アットホーム本社ビル屋上に注目のコーティング施工

今月ご紹介した「アットホーム本社ビル」では、屋上に「ポリウレア」と呼ばれる樹脂を被膜する、軟質でありながら耐久性の高い新しい防水工事を行いました。
特徴としては以下のような点が挙げられます。

・2液混合の化学反応による希薄な膜厚(1mm~3mm)で強靭な保護層を形成
・超速乾硬化(4~12秒)で工期短縮
・コンクリートを始め、金属、木材、鉄板、プラスチック樹脂などほぼあらゆる基材に付着
・無溶剤、無触媒。耐薬品性、耐久性に優れ、水槽、タンクなどの防水・防食・防錆工事に最適
・強靭な物性特性により、コンクリート剥落防止、耐衝撃性、耐爆性を実現、土木工事にも最適

ポリウレア吹き付け状況

 

トップコート塗布状況

 

ポリウレアを施した部分は全体がゴムのようにしなるのに強靭で、躯体などが破壊されるような衝撃にも破れないという特性を持ちます。アメリカでの耐久性試験では2万回の戦車の走行にも耐えたというデータが示されています。
「建築に利用され始めてからの歴史が短いため、既存の材料・工法には実績面で劣りますが、速乾性・付着性等の特徴はアイデア次第では設計・施工の自由度を引き上げてくれることが期待できます」(現場担当者)
新たな耐震補強工事の一つとして注目されています。