157-2 コート南浦和

用途: 竣工年月: 場所: 設計: 構造: 規模:

撮影:アック東京

中庭を囲んで、新たに別棟を増築したマンション

9年前に建てたマンションの増築工事である。既存の建物の竣工のときから、「コート南浦和」という建物名にし、将来、「中庭」を利用した増築計画を立てていた。以前の施工会社は大規模物件を抱えているとのことで、今回辰に増築工事を依頼した。

9戸の既存部分に、新たに6戸が加わった。ファサードは既存部分と統一感を持たせ、新設した1階自転車置き場の外壁には穴を開けるなど、打ち放しコンクリートの魅力を発揮したデザインとなっている。
マンションで大きなポイントは、共用部のあり方である。大きな物件であれば、ロビーだとか、パーティールームといったものを考えるだろうが、このように小規模であれば、「中庭」がいい。採光や通風を確保し、プライバシーを守るとともに、住民相互のコミュニケーションを円滑にする機能を持った「中庭」がおおいに役立つ。さほど大きくはないが、以前、辰で施工したマンション(「 N COURT 動坂」2009.04)でも作った経験から、この広さでもいけると考えた。増築部分が、既存の入居者への圧迫感を持つことなく、新たな入居者との自然な関係を生み出す。
各住戸へのアクセスは独立しており、特に東側部分の3戸は、サンルーム、土間玄関、サンテラスなど土間部分を内部に取り込み、他物件との差別化を図った。2階の階段前の広い部分は「コモンテラス」として、居住者の皆さんで外部リビングのように使っていただければと思う。
「中庭」の植栽も2,3年経てば、かなり充実してくることだろう。道路を隔てた場所には、センスのいいカフェレストランも出来た。このマンションの地域への効果も期待したい。
(真栄史郎氏 談)

 

構造:RC造
規模:地上3 階
設計:真栄史郎/GA建築工房
竣工:2013年3月
施工担当:熊井
撮影:①-⑦アック東京、 ⑧真栄史郎

2013年4月21日 at 3:27 PM