129-2 高円寺南 3 丁目住宅

用途: 竣工年月: 場所: 設計: 構造: 規模:

撮影:堀内広治

「コンクリート打ち放しの躯体に外断熱と放射暖房機を組み合わせた快適空間」

「機能していない部屋ができるくらいなら、オープンな空間を自分でしつらえる」というオーナーの最初の一言で、1フロア1ルームの構成が決まった。
周辺は住宅が密集しているため、外部に面して大きな開口部は設けず、変形の敷地に合わせて西端に斜めにボリュームのある階段室を配置し、一日の移ろいを感じさせる空間とした。室内に対しては、さまざまな開口部により、光と風の通り道をつくっている。
コンクリート打ち放しの躯体と相性の良い外断熱工法を採用し、内部には、放射式冷暖房の PS の冷暖房機を入れて、身体を使うことを仕事にするオーナーに対して、最良の温熱環境を考えた。
また、内装にはコンクリートの素材感に対抗できる強さを持つ素材、たとえば、ガラス、スチール、銅、シナ、ステンレスなどが最終的に残り、質実剛健な空間をつくりあげた。今後、オーナーのしつらえが、空間に彩りを与えていくことを楽しみにしている。

( 髙山正樹・岡由実子)

所在地:杉並区
構造:RC造壁構造(外断熱パネル打ち込み)
規模:地上3階
用途:専用住宅
建築設計:エトルデザイン 髙山正樹 岡由実子
構造設計:梅沢建築構造研究所
設備設計:EOS plus + Comodo 設備計画
冷暖房機器:ピーエス暖房機
施工担当:中村 奥村
竣工:2010年10月
撮影:堀内広治(⑨のみエトルデザイン)

2013年3月24日 at 2:00 PM