122-3 上原駅前商店街振興組合会館

用途: 竣工年月: 場所: 設計: 構造: 規模:

撮影:編集部

ガラスとアルミのパンチングのファサードが街のアイ・スポットに

この代々木上原駅前商店街には、個性的な店舗が多い。商店街の組合の事務所として、木造の古い建物が使われていたが、老朽化したこともあり、商店街活性化も視野に入れ、商店街組合の理事長を中心に、デザイン性のある建物の建設が企画された。
設計者としては、まず、商店街のアイ・ストップとして、訪れる人を迎え、夜は、駅からの動線が暗い街の行灯として、通りを照らし出す建物を考えた。

 1 階は周囲に向けてオープンなファサードとし、夜間は明るい光を外に向って放つ。2,3 階は大きめな直径200mm のドットをアルミパネルにパンチングし、ボルトによって留めている。昼間は、外からの視線を適度に遮り、夜は中から廻り灯篭のように、穴を通して光を放つ。開かれたスペースで様々なイベントが行われることを期待している。

 (塚田豊氏 談)

所在地:渋谷区
構造:S 造
規模:地上 3 階
用途:事務所
設計:塚田豊/塚田建築設計事務所
竣工:2010.03
施工担当:塩

 

2013年3月17日 at 12:00 PM