100-2 RIDGE

用途: 竣工年月: 場所: 設計: 構造: 規模:

ワンルームに浮かぶ、 箱型プライベート空間

学生や比較的若い人が多い町、 大岡山での小さなワンルームマンションの計画である。
ワンルームでは食べるのも寝るのも、 プライベートも一つの空間。 もてなしのスペースも持ちたいが、 巣にこもりたいという住まい手の願望もあるのではないか。 この二面性を満たすため、 ロフト付きのものはよく見かけるが、 今回は逆の箱を考えてみた。 つまり天井ではなく床がつながっていることで、 本来のワンルームの広がりを維持できる空間である。 1.4m空中に浮かんだ箱。 その中に個室が納まり、 外側にキッチンやバスルームが置かれている。 1 階の 2 戸は長屋のように外部に向かって並列し、 2 階は中央廊下に沿って 4 戸が連なる。 最上階は、 斜線規制による傾斜天井となっていて、 その 「箱」 が床に置かれたような空間になっている。
「RIDGE」 という名前は建物の尾根のような屋根の形状に由来するが、 この街並みに合った親しみやすさを感じてもらえる建物になるのではと期待している。             

(千葉学氏 談)

所在地:目黒区
用途:店舗・共同住宅
構造:RC 造
規模:地上 4 階
住戸数:8戸
企画:野村不動産アーバンネット
設計:千葉学/ 千葉学建築計画事務所
施工担当:佐須正和
竣工:2008 年 3 月
撮影:西川公朗

2013年2月22日 at 2:00 PM