99-1 Ocean’s 11

用途: 竣工年月: 場所: 設計: 構造: 規模:

道路拡張と雁行のプランで、 近隣に配慮した賃貸マンション

 

周辺は木造家屋が多く、 3 階建てのコンクリート造の建物に対して、 「開発」=「環境悪化」 と捉えられないよう、 近隣に配慮した設計を心がけた。 まず、 敷地に隣接する
西側道路を 2m から約 4m に拡張整備し、 南側駐車場には狭い道路で車がすれ違うときに 1 台分待機できるスペースを設けた。 また日影規制はないのだが、 どの方向の建
物にも、1 日のうち最高 2 時間以上は影が落ちないように雁行のプランにして配慮した。
風光明媚な逗子市には、開発にあたって厳しい規制のある 「まちづくり条例」 があり、建物の特に外壁の色は落ち着いたものが要求されている。 デザインの上からもコンク
リート打ち放しの無機質な感じだけではなく、 タイルや木目調のサイディング、 また石目調の吹きつけを施した部分を設けて、 表情豊かなものにした。 中でも木目調のサイ
ディングは規程より色が濃かったのだが、「逗子市の雰囲気に合っている」 ということで、審議会でも認められた。
内部も和風モダンをメインに、 逗子の風景、 木のイメージを大事にし、 ロビーの雰囲気も賃貸物件にしてはおしゃれなデザインにまとめている。
工事にあたっては、 1 日の作業時間が限定され、 週末も現場を動かしてはならないという制限の中、 近隣の細かい要望に応えることは大変だったと思う。 スケジュール通
りに完成をみることができ、 現場担当者の労にあらためて感謝したい。

(萩原学氏 談)

所在地:神奈川県逗子市
用途:共同住宅
構造:RC 造
規模:地上 3 階
総合企画:相続相談センタ-
設計:萩原学 / シーネッツ一級建築士事務所
施工担当:岩本健寿
竣工:2008 年 3 月
撮影:間瀬憲隆 / スタジオ・ミュー

 

2013年2月21日 at 4:00 PM