66-1 新宿N邸

用途: 竣工年月: 場所: 設計: 構造: 規模:

スポーツの好きな家族の家

事務所より徒歩15分と近い現場であった。もとは江戸の切絵図にも小さく出ている古い寺の敷地の一部だったと思われる辺りに位置指定道路を囲むように数軒の住宅が建っており、道路の突き当たりにN邸の敷地がある。この敷地(敷地面積59.25m2)に建つ木造の古屋を建て替え、RC3階建ての二世帯住宅とした。周囲は、東西は住宅が建っており、南側は3m弱の前面道路を隔てて隣家やその向こうのビルが影を落とす。北側は別の寺の参道となっており開けている。
設計では各階とも、南北面を大きな開口、東西面は壁として、南北に視線の抜ける空間とした。東西面の壁は、内部に柱を含み320の厚さとなった内外打放しで多少の断熱効果も期待されている。
2階をLDKに使い、1階と3階を個室に充てた。屋上は運動好きのご家族のエクササイズの場として利用される。
南側の光を取り入れるために、階段室を屋上まで立ち上げ、3方を開口としたのに加え、3階床を一部抜き、直上の屋上にハイサイドライトを設置した明り取りのための突出部を設けた。これにより3階を通して2階のLDKや1階土間にも上部からの光がとどき、2階と3階の空間の繋がりができた。
2階~3階~ハイサイドライト突出部までの西側コンクリート壁面内部にウォールクライミング用のフックを多数設置したので、壁面を上り下りできる。また、突出部から綱を吊したので、これを登り降りする事もできる。

(荒木毅)

所在地:新宿区
構造:RC造
規模:地上3階
用途:専用住宅
設計:荒木毅/荒木毅建築事務所
撮影:篠澤広治(一部編集部 )

2013年1月19日 at 6:00 PM