49-2 成城の家M邸増築

用途: 竣工年月: 場所: 設計: 構造: 規模:

成城駅から歩いて3分、新しく二世帯住宅が完成しました。設計の高田建築設計事務所の高田光雄氏に原稿をお寄せいただきました。

「M氏親子二代・同一敷地に所謂二世帯住宅を構えるためには、建築確認申請上[長屋]となった。もとより、一敷地に異なる世帯を構えるには、敷地を分割し(分筆ではない)、分割した敷地面積内で、法的諸制限を満たすか、母屋と一体となった増築の形式をとるか二者択一である。
M邸の場合は、施主の与条件のために既存建物(母屋)が現行法規内で適法であるか否かを問われ、不適格建物に対する増築行為は認めないとの見解に基づき、一つには既存建物の耐震性能を問われる事にもなったが、数多くの審査項目に対し、行政と折衝を重ね合意を形成しながら、果ては成城規定=道路・街区景観整備・緑化計画にいたるまで、父親方の多大なご理解とご協力を得て、貴重な資産の保全と確保をする事ができた。
当初、地上3階建てRC造計画において、母屋の日影が現行日影規制を満たさないため、日影規制を要求されない高さを確保しながら、3階の容積を地下に計画変更せざるを得ない結果となっている。地下の居室に対する通気と除湿対策はシックハウス対策の換気計画と一体に計画してあるが、最上階に設置した強力な換気ファンが初期の目的を果たし、機能するか否かが問われている。
ちなみに、不適格建物をあらゆる角度から、適格建物に認めさせるためには、隔月開催の建築審査会を経てその合否結果がなされるルートもあるが、長期を要し、且つ否となる事もあり得るので非現実的である。」

構造:RC造
規模:地上2階、地下1階
用途:専用住宅
設計:高田光雄/㈱高田建築設計事務所

2013年1月2日 at 10:54 AM