46-3 東山 1/2 Un‐Demi(アンドゥミ)改装工事

中目黒駅から徒歩数分、山手通り青葉台1丁目の交差点を一本入ったところに、デザイナーの斎藤美保子さんのシ ョップとアトリエがオープンしました。改修設計を手がけられた岩澤靖幸氏(s.a.b.)に取材しました。

「<ショップ(店舗スペース)とアトリエ(工房スペース)の2つを約50坪、天井高4,700mmの中で有効に構成する><11月初旬に展示会、12月中旬にOPENという工程を厳守する>という要望に対して、今回に限らず『作り過ぎない空間屋』として、どれだけ2つのスペースを機能的且つあいまいに融合させるか、に配慮しました」

「中2階を設けるには微妙な天高のため、スラブ厚を最小限に抑え、柱をなくし上から吊る方法を取り、1階部分の有効スペースを多くとりました。あえて天井の高いスペースにアトリエを配置しましたが、気持ちよく活動していただき、すばらしいもの創り出してもらえれば、と思います。

いわゆる内装工事というよりは、前記のスペースにもう一つ別の構築物を造るという感じでしたが、辰には『坊(西麻布)1999年12月竣工』の時以来の、鍛冶屋パワーを見せつけられました。工程的にも一時、1週間の中断と正味1ヶ月の工期にもかかわらず幾度の変更にも根気よく付き合っていただきました」

 

2004年1月10日 at 2:25 PM