28-2  駒場幼稚園改修工事

昭和30年に開園、内外ともRC打ち 放しの現在の建物が竣工した昭和48年から自然土壌(土厚約 40cm)を入れた屋上緑化を施していました。
しかし、現在のM園 長先生が来られた7年前までは、屋上は芝と田んぼだけで、園庭 もあまり緑がなく、排気ガスで汚れたジャングルジムは基礎が危 険だということで使われていなかったのです。心なしか子供たちに 笑顔が少ないと感じられた先生は、自然とのふれあいを通してい ろいろな経験をさせ、笑顔を取り戻してやりたいと、どんどん園の 手入れを始められました。雨漏りの原因となっていた屋上の階段 状構造は危険で子供も上がれないものだったので補修を行い、 プール付き滑り台と花壇に様変わり。西側の広いスペースには、さ まざまな野菜、樹木を植え、季節の収穫を楽しむ機会を持たせまし た。保育時間に子供たちは草花に水をやり、夏になると真ん中に 大きな簡易プールも登場します。田んぼの稲刈りは保護者の協力 を得て楽しいイベントになりました。園庭は知り合いの造園業者の 協力で緑が増え、ジャングルジムも明るい色に塗り変えられまし た。門から建物までのアプローチの木々には、手作りのオブジェが ぶら下げられ、来訪者を迎えます。あちこちに緑があふれ、本当に オープンな雰囲気の幼稚園なのです。当時27人だった園児は150 人に増えました。「予算?そんなにありませんよ。いろんな方の協 力でここまで来たのです。」と話す向山園長先生は、若い先生方に てきぱきと指示を出す、笑顔の素敵な女性でした

2002年7月4日 at 8:11 PM