13-3 三田の家

用途: 竣工年月: 場所: 設計: 構造: 規模:

 

「三田の家」は、エキスパンドメタルで、外からの視線をさえぎりながらも通風性を確保、またトラス階段と居室部分の仕切りにも使うことで、ある角度からはプライバシーを保護しながらオープンな間取りになっています。
ポリカーボネートの建具と対面する階段室のマジックコート塗りの壁が、明るく軽快な室内を演出します。
建物の中を貫く竹が生えている尺庭、その脇の網戸と和紙障子を兼ねた網戸障子の和室が、和の味わいを醸し出しています。
美濃紙の代わりに工事用の養生ネットシートを利用したというすぐれものです。

※杉浦氏が展開する狭小住宅「ちっちゃな家」シリーズの#7で、当時、多くの雑誌、テレビで紹介されました。
都心の限られた土地に、できるだけ広く居室を確保し、採光をとるために、吹き抜けや、トラス階段、坪庭や大きな開口部、ガラスやポリカーボネイトの壁など、いくつかの共通アイテムを盛り込み、2017年11月現在、144件の「ちっちゃな家」が建てられています。  (2018年追記)

用途:住宅
構造:S造
規模:地下1階、地上3階+ロフト
建築:28.64㎡
延床:95.64㎡
竣工:2000.10
設計・監理:杉浦伝宗(アーツ&クラフツ建築研究所)
撮影:編集部

2000年12月12日 at 5:40 PM