05-2 洗足学園横浜キャンパスJAZZ練習棟

用途: 竣工年月: 場所: 設計: 構造: 規模:

洗足学園は、3年前(1997年)、日本の大学としては初めてJAZZコースを設けた。
溝の口校舎の練習場が手狭となり、専用練習棟がここ港北ニュータウンの横浜キャンパス内に新しく建てられた。
1学年50人ほど学生の約3分の2は男性、年齢もさまざまとのことである。
いろんな楽器の専攻があり、講師にはあの有名な山下洋輔氏もいる。受験生も増えているそうだ。
クラシックの練習場はスペースを必要とするが、JAZZの演奏は、元来狭いスペースですむため、建物の外観はまさにコンパクトな箱である。
打楽器などはクラシックよりさらに音が大きいので、より防音に配慮して西側のアンサンブル室を除いた部屋に窓はない。
学園事務長の福本氏からは、良心的な工事に非常に満足しているとのお言葉をいただいた。

 

横浜市都筑区茅ヶ崎南2-3-1
RC造 地上2階
敷地:12161.53㎡
建築:97.352㎡
延床:194.709㎡
2000年4月
設計:日本設計+辰

2000年4月18日 at 1:54 PM