169-5 富士ビル

用途: 場所: 設計: 構造: 規模:

高層ビルの並ぶ品川駅前に建つ、シンプルなファサードの飲食店ビル

品川駅前のビルの建て替え工事である。敷地は、拡幅25mの前面道路に対して斜めに切られた変形敷地である。周辺の高層のオフィスビルの中、この地域だけは未だ再開発の手が入らず、小さなビルが林立している。この鉄骨造のガラスカーテンウォールのビルには、全ての階に飲食店が入る予定である。
建て主の希望で、1階エントランスには、御影石を採用し、落ち着いた雰囲気にまとめている。
我々の前にもいくつか計画案があったようだが、予算の関係でこちらに話が持ち込まれた。当事務所は、そのようなご依頼が多い。
いつも思うのだが、自分のこだわりを通そうとして、結局、建て主の希望に沿わない計画を立てる設計者が少なくない。我々は、予算の中で建物を作るのが当たり前と思っている。予算の中で何ができるかということで決まってくるものである。
建て主にも喜んでいただけて、幸いである。

   (山内研/HOU一級建築士事務所)

所在地:港区
構造:S造
規模:地上9階
用途:飲食店
設計・監理:山内研/HOU一級建築士事務所
施工担当:澤井・鄭
竣工:2014年2月
撮影:アック東京

2014年4月16日 at 10:00 AM