198-2 日工産業株式会社本社ビル

竣工年月: 場所: 設計: 構造: 規模:

青雲の志をかなえた はじめての自社ビル

 渋谷・桜丘に本社を置く油圧機械商社が、渋谷駅周辺の再開発に伴い、移転されることになった。新橋に代替地を見つけられて、渋谷の当事務所が設計をお引き受けし、施工も同じ渋谷にある辰が請け負うことになり、3社による渋谷チームが結成された。
敷地はビルの立ち並ぶ市街地のため、最大限の有効活用が必須。天空率を利用し、高さを持たせ、ファサードにはカーテンウォールを採用し、落ち着きのある洗練されたビルを建ち上がらせた。
1階はエントランスと車庫、2階は、受付、会議室、応接スペースなど。3階-5階は事務所、地下1階は部品倉庫を配置した。屋上にはデッキを敷き、虎の門ヒルズを遠くに眺めることのできる心地よい空間になっている。階段室と各階の事務室はガラスで仕切られており、大きく取った開口部からの光が、階段室を通して内部まで行き届く。
3-5階は、各フロア同じプランであるが、5階は役員室が置かれる予定で、床の仕様も落ち着いた色調のカーペットを採用している。
11月にご入居の予定であるが、50年前に長野から東京へ進出された会長は、初めての自社ビル完成に「青雲の志をかなえることができた」と非常に喜ばれているとのことである。
(秋山研介氏/石原山口計画研究所 談)
構造:S造
規模:地上5階、地下1階
用途:事務所
設計・監理:石原山口計画研究所
竣工:2016年7月
施工担当:竹原
撮影:アック東京
2016年9月17日 at 10:51 AM