244-04「ヨコハマトリエンナーレ2020」の作品を制作しました

ヨコハマトリエンナーレ2020
出展アーティスト「ファーミング・アーキテクツ」の作品を辰が制作

7月17日(金)~10月11日(日) 横浜美術館、プロット48

 

今回で20年目を迎える、ヨコハマトリエンナーレ。アーティスティック・ディレクターに初めて外国人を迎え、新型コロナウイルス感染症の流行により2週間延期されましたがいよいよ7月17日から開催されることとなりました。
初の外国人ディレクターはインド出身の3人組「ラクス・メディア・コレクティヴ」。参加アーティストの地域もアジアを中心に非欧米地域が多く、多様化している点も注目されます。

掲げるタイトル「AFTERGLOW ―光の破片をつかまえる」とは、ビッグバンの後、宇宙に発せられ、今も私たちに降り注ぐ光が時空を超えて広がるイメージ。5つのキーワード、「独学」=たくましく学ぶ、「発光」=学んで世界へと光を送る、「友情」=光の中で友情を育む、「ケア」=互いにいつくしむ、「毒」=否応なく存在する毒と共存する、とそれぞれ導き出されたキーワードに約70組のアーティストが呼応します。新型コロナウィルスのパンデミックで「STAY HOME」を余儀なくされた世界を予見したかのようなメッセージが、街に活気をもたらします。

そしてこの度、その中のベトナム人アーティスト、「ファーミング・アーキテクツ」の作品を辰が制作することになりました。
「ファーミング・アーキテクツ」は2017年にズン ・アン ・ヴィエットとニャン ・アン ・タンが設立。ハノイを拠点に活動している建築設計事務所です。
自然や地理、気候、人間に注目し、「都市に緑の種をまく農家のような建築」をコンセプトに、持続可能で環境にやさしい住居やカフェ、図書館などの建築設計、内装デザインを手がけており、ハノイの「KOI(鯉)カフェ」は、世界的な建築情報サイトArchDailyの「Building of the Year 2018 Hospitality Architecture」に、また「VAC-LIBRARY」はアメリカ『TIME』誌による「World Greatest Places 2019」に選出されました。

「ファーミング・アーキテクツの作品は、AFTERGLOWのコンセプトの『ケア』の項目に合致し、子供たちのためのライブラリー建築『VAC-LIBRARY』に関してもラクスが非常に興味を持ち、それらを備えた機能を依頼しました。エコロジカルな空間を子供たちがリアルに体験できる、トリエンナーレ全体の中でも大きな展示になります」と組織委員会事務局のキュレトリアル担当、倉茂なつ子さん。
「チケットは3密に配慮して事前日時予約制となっており、現在は7,8月分の申込みを受け付けています。たくさんの方にご来場いただきたいですね」とのことです。

◇ヨコハマトリエンナーレ2020
チケットは日時指定の予約制です。下記からお申込ください。
https://www.e-tix.jp/yokohamatriennale/
一般2,000円/大学生・専門学校生1,200円/
高校生800円/中学生以下無料(事前予約不要)

1チケットで、横浜美術館、プロット48、日本郵船歴史博物館に入場できます。
横浜美術館への入場は、日時指定が必要です。
プロット48は、【横浜美術館と同日に限り】
お好きな時間にご入場いただけます(ただし入場は閉場の30分前まで)。

 

 

243-4 「ZENグループ 新入社員研修」2020年3月

 

 

毎年恒例のZENグループ全体の新入社員研修が、今年も伊豆山研修センターで行われました。
今年はコロナ禍もあり、ソーシャルディスタンスに配慮して、例年よりも大きな会議室を利用。マスク装着の上、基本的に午前は座学、午後は「作務(さむ)」という、禅寺で僧が掃除などを行う修行を意味する労務研修が、3週間にわたって行われました。6人編成の4つの班に配属されて、グループ他社の新人たちと協力しながら、与えられたミッションに取り組んだ5人の新人たちに、感想を聞きました。

 

A班「猪小屋の清掃・修復」
2年前に、裏山で捕らえた猪を入れておいた小屋が昨年壊れたため今回新たに作り直すという計画である。古い小屋の柵を外し、特に猪の糞まみれの土を運び出して新しい土を入れるのに予定よりかかってしまった。最初、けん制し合っていたメンバーは次第にチームワークがよくなり、新たに柵を作って扉も軽くて丈夫なものに作り替えた。(吉田郁哉)

 

B班「阿主南寺周辺の清掃」
研修センターの近くにほぼ完成している「阿主南寺」の清掃である。地下1階、地上3階の大きな建物をほうきとモップできれいにしていくのだが、建物を囲む池では、初めて大型高圧洗浄機で水圧をかけながらの清掃を行った。3月はまだ肌寒く、日が沈むのも早かった。震えるような日もあったが、良い経験となった。(上田智也)

 

C班「階段づくり」
阿主南寺へ続く坂に階段を作る作業である。草木を伐採し、整備していく計画だが、役割分担を決めてスケジュール通りに終えることができた。何より楽しくできたのは、音楽好きなメンバーがいたからだろう。休憩時間中に彼が歌い、他のメンバーが手拍子でリズムをとる、セッションのような雰囲気が生まれ、音楽が互いのコミュニケーションの潤滑剤になったと感じている。(渡辺侑馬)

 

D班「山道を作る」
何もない山林に道を作るというのは全く初めての経験だった。研修センターから見晴らし台への道を、下から上へ作っていく作業は過酷な肉体労働で、日に日にきつくなっていった。完成した時は感無量だった。 (井田薫)
大学ではダンス部に所属し、体力はある方だと自分では思っていたが、足場もないところで大きな石を取り除いたり、草を刈って切った丸太で杭を作ったりする作業はなかなかはかどらず、4班のうち一番喝を入れられ続けた。最後に皆で完成させたときは泣きそうになった。(伊藤真由子)

 

242-4 「新型コロナウィルス対応にあたり(岩本社長)」「森村会長、千駄ヶ谷の現場で若手社員を指導」 

「新型コロナウィルス対応にあたり」

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
この度の新型コロナウィルス感染拡大により、皆様、不安な日々を過ごされていることと存じます。全世界において、一日も早い終息を祈るばかりです。

弊社は4月7日の「緊急事態宣言」および「都知事からの要請」を受けて新型コロナウィルス感染拡大防止のため、作業所職員および職方、本社営業所職員の健康状態に留意し、入場入室制限等の対策を講じたうえで、事業を継続させていただいております(4月24日現在)
やむなく休業されている企業も多い中、賛否はあると存じますが、皆様にはできるだけご迷惑をお掛けしないよう細心の注意を払っておりますので、ご理解いただけると幸いです。

今月に入り、創業以来はじめてテレワークも導入しました。試験的ではありますので効果に疑義は生じますが、出勤抑制や時差出勤等いわゆる三密の回避に取り組んでおります。
お打合せについても関係者の皆様にはご不便をお掛けしておりますが、少人数またはWeb会議等で対応しております。
弊社におきましては、各作業所関係者を含め幸いにも感染者が発生しておりません。
しかしながら、建築資機材・設備機器等の供給には少なからず影響が出ております。施工会社として、情報収集および最善手配により予定通りの工事完成を目指しますが、今後の状況により工程遅延も大いに懸念されます。関係者の皆様には、ご賢察の上ご理解をいただきますようお願い申し上げます。

このような時だからこそ、弊社の強みである無借金経営は活かされます。社是「信義は万事の基」を強く意識し、全社員一丸となってこの難局を乗り切ります。

 令和2年4月24日

株式会社 辰
代表取締役  岩本 健寿

 

「森村会長、千駄ヶ谷の現場で若手社員を指導」

於:千駄ヶ谷駅前公衆便所改築工事現場 4月27日

 

3月より始まった千駄ヶ谷駅前の工事現場に、弊社森村和男会長が自ら現場員として常駐、若手の育成にご尽力いただいています。
2018年12月、現社長に席を譲り、実務からは退いていた森村会長。昨年はグループHDの役員に着任されていました。しかし昨今のコロナウィルスの状況を鑑み、来る大きな経済危機を乗り切るために、一兵卒として現場から問題を探りたいとのことです。
「斬新な構造のチャレンジングな工事となる現場。若い社員たちには建築の醍醐味を感じて意欲的に仕事に取り組む辰イズムを、ぜひ引き継いでいってほしいんだよ」とその想いを語ってくださいました。
谷尻誠氏率いる「SUPPOSE DESIGN OFFICE」の設計は7.6mの高さの2本の太い柱から伸びた梁にコンクリートの外周壁が吊られ、地上から50㎝浮いた状態になるというもの。新型コロナウィルス感染拡大に対して「緊急事態宣言」が出ており、現場には更なる緊張感を求められていますが、無事に7月のお引渡しを迎えられますよう、社員もそのお気持ちに応えて頑張ってまいりましょう。

241-4 2020年度新入社員紹介

吉田 郁哉(よしだ ふみや)

大東文化大学
国際関係学部
国際関係学科

自分は建築系の勉強をしていないため学ぶことが多々あるかと思いますが、一つ一つ壁にぶつかりながらも成長していきたいと思います。よろしくお願いします。

 

井田 薫(いだ かおる)

麻生建築&デザイン専門学校
夜間部建築学科

少しでも早く会社のお役に立てるよう、向上心を持って謙虚に頑張っていきたいと思っております。
ご指導のほどよろしくお願いします。

渡辺 侑馬 (わたなべ ゆうま)

桐蔭横浜大学
スポーツ健康政策学部
スポーツ健康政策学科

建設関係の知識はほとんどありませんが、しっかりと経験を重ねていきたいです。また現場で明るく活躍できるようになりたいです。

上田 智也(うえだ ともや)

中央工学校
木造建築科

自分のできることから取り組み、挑戦し続け、「できない・わからない」を
「できる・わかる」に変えていきたいです。よろしくお願いします。

伊藤 真由子(いとう まゆこ)

東洋大学
理工学部
建築学科

建築の知識も、社会人としてもまだまだなので、ひたむきに明るくいろんなことを吸収していきたいです。
よろしくお願いします。

 

中途採用

本間 夏来(ほんま なつき)

東洋美術学校
イラストレーション科

前職で内装リフォームに携わっていました。少ない知識ではありますが、少しでも活かせるように頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。