241-3 育てるタオル showroom 株式会社 英瑞(えいずい)  佐藤昌子 代表取締役

2020年4月11日 at 8:15 PM

コンセプトは「KOSATEN」

今月は、「善光ビル」に一棟入居された、株式会社英瑞(えいずい)の佐藤昌子社長にお話を伺いました。創業は、前回の東京五輪の翌年1965年、ご両親の代から数えると55年になる老舗タオルメーカーです。

―以前、中野にある「Estudio」という共同住宅を佐藤尚巳先生の設計で弊社が施行させていただきましたが、施主である英瑞様の本社も中野に置かれていました。この度この表参道にショールームと事務所を移転されたきっかけは?

佐藤:6年前からオリジナル商品「育てるタオル」という新しいブランドをスタートさせました。もともとタオルメーカーですので、消費者と直接関わることが少なく、今後はよりお客様の近くへ場所を移し、情報を発信していきたいと思い、移転を考えました。

新しいオフィスでは、社員の休憩室を作り、事務機器等も一新したことで職場環境が180度変化。おかげで職場を綺麗に使うこと、効率よく動けるようなフローをみんなで考えるなど、社員ひとりひとりの意識を変えることができたように感じます。1階にショールームがあることによって、直接お客様と触れ合う機会が増えたこともとてもよかったと思います。

―新しいブランド、「育てるタオル」とはどういうものですか。

佐藤:普通のタオルは、新しい時はふわふわですが、使い込むと硬くなりますよね。
しかし、「育てるタオル」は使い込むほどボリュームアップして、まさに「育っていく」というものです。
綿の糸と水溶性糸の2本を合わせ、1000回以上撚ります。その糸で織ったタオルをお湯につけると水溶性糸が溶け、残った綿糸が反動で緩み、たっぷりの空気の隙間ができた糸が完成。この糸でできたタオルが、高い吸水力と洗うたびに空気を含んでよく乾き、ふわふわに膨らんでいくタオルです。

すでに有名百貨店や、雑貨店で展開しております。商品は1枚1枚筒型のボックス入りですので、一般的なタオルを展開するのとは違い、アパレルブランドからのオファーも多く、洋服と一緒に並べていただいたり、高級家具店でもお取り扱いをしていただいいたりしています。

最近は、ご自宅にいながらお買い物をされる方が多いので、メインはやはり自社のオンラインショッピングですね。ただ、商品に触っていただき、色や肌心地を体感し、私たちの世界観が見せられる場所が欲しいなと感じるようになりました。今回、この表参道のビルとの出会いがあり、商品をどんどん売るのではなく、「育てるタオル」の持つ世界観をゆっくり体感していただける「showroom」というスペース(空間)を作りました。コンセプトは「交差点」、作り手と使い手が交わるポイントとして「ヒト、モノ、コト」が文字通り交差する場ですね。ここで「育てるタオル」を体感していただき、おうちに帰ってからゆっくりクリックしてご注文いただきたいのです。

ここで私達が提案していきたいのは、タオルと過ごすライフスタイルです。例えば銀座で有名なTORIBA COFFEEさんとのコラボ。TORIBAさんに焙煎してもらったうちのオリジナルコーヒーを飲みながらゆっくりスタッフと話をしていただいたり(朝のシャワーの後にコーヒーを飲みながら過ごす時間をお勧めしています。)、また香りでもアロナチュラさんにオリジナルで調合してもらったアロマで気持ち良く過ごしていただく、など様々なコラボ商品も手がけています。

―このバスローブがまた素敵ですね。

佐藤:そうなんです。ローブは以前からご要望が多かったのですが(ずっしり)重たいバスローブではなく「育てるタオル」らしさを表現したいと考え、軽さを感じていただきお部屋でくつろぐ時やちょっと近くまで羽織ったまま外出もできるようなデザインにして「ラウンジローブ」と名付け、発表しました。
タオルはどうしても日用品。長く使ってもらうと新しい商品が売れないじゃない?という人もいますがお気に入りのジーンズや革製品も使い込んだ方が馴染みますよね。「育てるタオル」も長く使っていただき愛用品となって欲しいと思っています。
結婚祝い、出産祝いなどにもお使いいただいていますが、贈った相手との関係がずっと続いていく、そんなギフトシーンにお選びいただけたら嬉しいです。
30年前に江蘇省南通市に作った中国の工場も、この30年で人件費は20倍ほどに上がってしまったこともあり、2年前にベトナムに工場を作りました。中国国境近くですが、ハノイからバスで8時間の場所です。最近、高速が完成したので5時間ほどで行けるようにはなりましたが。
今回の世界的な感染症流行の影響がないとは言えませんが、オンラインでのご注文もたくさんいただけるようになり、現在は出荷期間をかなりお待ちいただいている状況です。―本日はありがとうございました。

株式会社 英瑞 A-Z CORPORATION

設立:1965年4月
資本金:5000万円
代表取締役兼CEO 呉兆顕 代表取締役社長 佐藤昌子
所在地:〒107-0061港区北青山3-5-38 善光ビル
電話:03-6721-1230(代表)1 FAX:03-6721-1279
SHOP LIST:
伊勢丹新宿店、阪急うめだ本店、JR名古屋タカシマヤ、名古屋三越栄店、京都タカシマヤ他
関連会社:南通大東有限公司(中国)、江蘇英瑞集団有限公司(中国)、ベトナム大東有限公司(ベトナム)
英瑞HP:https://eizui.com/
育てるタオルオンラインショップ:https://at-az.com/