263-1 和モダンを感じられる賃貸・店舗併用住宅

2022年2月14日 at 9:27 AM

写真は、昨年9月に竣工いたしました賃貸・店舗併用の「T 邸」です。

建て主のT 様は、お子さまも独立された今、今後のご夫妻の生活を考えられたときに「より快適に、過ごしやすい住まいにしたい」という想いから、今回の計画がスタートしました。T 様夫妻にお話を伺いました。

「もともとこの地に10 年ほど住んでいました。以前の自宅もとても素敵でしたが、私たちの今後の人生を考えたとき、「もっと住みやすくて居心地のいい暮らしができるのではないかと思ったんです。また、店舗を構えたいという想いもありましたので、こういった機会は人生一度きりですし、夫婦のこだわりが詰まった住みやすい建物にしようと思いました」とT 様。

ご夫妻のこだわりを実現させるため、設計事務所選びにはとても時間をかけていろいろな先生とお話されたそうです。T 様と奥様、お互いにこだわりがある中、最終的にはそれらを上手く取り入れ、素敵なプランをご提案していただいた後藤正史アトリエの後藤氏に依頼することになりました。

「2人のこだわりを上手く取り入れていただき、『あ、これ素敵だね』と夫婦で思えたプランを最初にいただいたのが後藤先生だったんです。その後3、4か月ほどいろいろな先生とお話させていただいたので正式に依頼させていただくまでお時間は掛かってしまいましたが、その後のプラン変更なども親身に計画していただき、その結果とても素敵な住まいができて非常に感謝しています」とT 様。

渋谷区の高台に位置するその建物は、鹿児島の「白洲(シラス)そとん壁」を外壁に施し、黒のファサードとのコントラストが青空に映える立体的な造りになっています。夕景には照明が灯り、キャンドルに火を灯したかのような暖かなライトが植栽を映し出すその様子は、その立体感を更に際立たせています。

「外観は基本的には後藤先生にお任せでしたが、ファサードなどは『和』のテイストを入れていただきました。数年間海外で暮らしていたこともあり、内装はそのときに住んでいた『シノワズリ』のイメージを取り入れていただいています。2 階から3階へ上がる螺旋階段と床との調和・コントラストがとても綺麗に仕上がって、こだわってよかったなと思いました」と語る奥様はとても嬉しそうでした。

3階に位置するキッチンには大きな窓を設置し、高台から望める都心の景色と、近所にある大きな公園の緑を眺めながらお料理ができるそうです。四季折々の風景の移り変わりとともに、より快適に、この地に長く住まいたくなるような建物がまた一つ、ここに完成いたしました。