240-4 「2020年法政大学建築学科卒業設計有志展」に協賛

2020年3月11日 at 11:42 PM

2020年2月 11日(火・祝)・12日(水) 於:アーツ千代田3331

今年も、法政大学建築学科の「卒業設計展示会」に協賛させていただきました。2019年度卒業設計を制作した学生たち有志による展示会場となった「アーツ千代田3331 」は旧練成中学校を利用して誕生したアートセンターです。地下1階、地上3階の館内には、アートギャラリー、オフィス、カフェなどが入居し、展覧会だけでなくワークショップや講演会といった文化的活動の拠点として利用されています。

2日間にわたる展示の初日、11日に5名の建築家の先生による講評が行われるというので行ってまいりました。
展示作品は「所有と公共」の意識や過去の記憶を引き継ぎ現代的に再編成したリノベーションなど興味深いものが多く、5人の建築家の方たちは、22点の模型作品を見ながら、学生さんのプレゼンテーションを聞き、個別に評価を与えていくという作業を繰り返されていました。最後に得点が上位の数作品について、さらに全体のディスカッションが行われ、入賞作品が決まりました。

「建築まであといっぽ」という展示会のテーマが示すように、設計したものを実際に建てるまでの道のりは容易ではありませんが、外部にもオープンな展示を学生さん主体で作られる学びの機会を、これからも辰は応援してまいります。