264-4 「LOKO GALLERY」がリニューアルオープンいたしました

2022年3月11日 at 6:52 PM

SHINCLUB199 号でご紹介いたしました「LOKO GALLERY」がこの度リニューアルオープンいたしました。

依頼主で「LOKO GALLERY」のオーナー遠藤和夫様はおよそ5年ほど前、「新進気鋭の若いアーティストに活動の場を提供するとともに、美術を介した自由なコミュニケーションの場としたい」という想いからカフェを併設した地下1階・地上3階RC 造のギャラリーを建てられました。

新築時、地下1 階には作品の展示やトークショーなどがおこなえるスペースが配置され、1階に併設したカフェを楽しみながらアートも楽しんでいただけるようにと、連続した空間となっておりましたが、「より身近に、もっと気軽にアートを楽しんでいただけるように」と今回のリニューアル工事を考えられたそうです。
「アートを楽しみたい人・カフェを楽しみたい人が両方楽しめる空間」をコンセプトに新築時から携わる建築家の加藤かおる氏、デザイン会社のモーメント社とのコラボレーションで計画がスタートいたしました。

新たに生まれ変わった地下1階のギャラリースペースには、座席と調理がおこなえるカウンターキッチンが設置され、「アート」と「食」を同時に楽しんでもらい、ときには2つの文化がコラボしたイベントも開催できる場となっています。

「建物は吹抜けで地下1階から最上階まで、空間が繋がった設計になっているんです。その一つの空間を『ギャラリー』と『カフェ』とで融合した使いかたができないかと考えました。なので新たに座席を設置し、調理ができる設備を設けています。
もともと新築のときから『ギャラリーとカフェの融合した空間』という構想を持っていたので、水道などのライフラインは通していました。新たに完成した空間で「アート」と「食」の新しい文化を楽しんでもらえると嬉しいです」とオーナーの遠藤和夫様。

内装デザインは基本的に加藤氏とモーメント社にお任せだったそうですが、内装には珍しい「三和土(たたき)」と呼ばれる「土」を床材に使用し、素朴な土感表情と優しさを表現しています。

「この辺りの西渋谷台地には『猿楽古代住居跡』や『猿楽塚』など古代の遺跡が多くあり、土器などの生活様式からも『土』のイメージを持っていました。そこでモーメントさんから今回の『三和土(たたき)』をご提案いただき、施工場所も地下1 階だし良いよねって。ただやはり『土』なので、飲食をおこなう場で採用するのは耐久性など心配な点はありました。業者さんから代替品などもご提案いただきましたが、やはり色や風合いが全然違うんですよ。そこで古民家を再生している人に相談したり、ホテルや特殊な飲食店で施工を経験している会社さんに相談したりといろいろな方に助けていただき、結果無事に完成することができました」と遠藤様。

床の素朴な土感に合わせ、壁には「モラート」と呼ばれる特殊セメントモルタルを施し、マットな仕上げの中に微妙な光沢感を持つやわらかい陰影により生まれる奥行きのある表情が、床の素朴感を更に演出しています。

「今は『ギャラリーを主体としてカフェを融合させる』という形ですが、最終的には『融合』から『共存』でやっていければ良いなと思っています。業種が違うので難しいとは思いますが、そこから生まれる新たな文化をもっと気軽に楽しんでいただけたら嬉しいです」(遠藤様)

卓越したバリスタが淹れる良質なコーヒーと現代アートを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

【LOKO GALLERY】

■〒150-0032
東京都 渋谷区 鶯谷町 12-6
TEL︓03 6455 1376
FAX︓03 6455 1378
営業時間︓水- 土 11:00-19:00
日 12:00-18:00
定休日︓月・火・祝

 

【zenta coffee】

営業時間︓火- 金 11:00-19:00
土- 日 9:00-18:00

定休日︓月

■Twitter
@CoffeeZenta
■Instagram
zenta coffee

http://www.zenta.coffee/