238-2 中目黒テラスハウス

用途: 竣工年月: 場所: 設計: 構造: 規模:

多彩なプログラムで住まい手の満足を実現する低層テラス

 

少し傾斜のある旗竿状の敷地であるが、都心の閑静な住宅街の持つポテンシャルを活かして多彩な住戸プログラムを用意し、都心ならではの使い勝手が良い、中目黒の地にふさわしい共同住宅の計画である。
全7戸、全てプランの異なる2層、3層にわたるメゾネットタイプを中心に、各住戸にゆとりのあるバスルームやキッチン、テラスを用意し、さらに共用部から専有部まで豊富な植栽を配置して、居住者が豊かな日常を送ることができるようさまざまなしつらえをしている。
一般的に新築が最も価値を持ちがちな共同住宅であるが、この計画では素材やプランなどを吟味することによって、年月を経てもさらにその価値を増してゆき、居住者に長く未来にまで愛されるような、魅力ある共同住宅を目指した。
(大堀伸氏/ジェネラルデザイン 談)
238_p2_plan01_%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8_1 所在地:目黒区
構造:RC造
規模:地下1階 地上3階
用途:共同住宅
設計・監理:大堀伸/ジェネラルデザイン
施工担当:高沢・富樫
竣工:2019年2月
撮影:アック東京238_p2_plan01_%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8_2 238_p2_plan01_%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8_3
2020年1月10日 at 1:49 PM