245-1 厄介なこと

用途: 竣工年月: 場所: 設計: 構造: 規模:

「TREES(鵜の木集合住宅)」 撮影:Satoshi Asakawa

ここは多摩川の河川敷にほど近い、大田区鵜の木。このたび、RC壁と木々に囲まれた外観が特長的な集合住宅が完成しました。周辺はほとんどのマンションがワンルームの地域です。しかし、建築家の伊藤潤一氏は、敷地の斜め向かいに小学校があり、子どもたちの通学路となっている様子をみて、子どもたちに何かを訴えかけるファミリータイプの建築を提案しました。

「オーナーとは家族について語り合いました。家族はファミリーツリー、小枝が広がるように増えていく。集合住宅は余計なものをそぎ落として建てられるの普通ですが、ここでは、一つ厄介なものを引き受けてもらうのはどうでしょう」と持ち掛けました。

「例えばペットは、毎日散歩させて、食べさせてと世話が大変だが、それが人の心の癒しとなっている。それと同じように、この集合住宅に入居される家族には厄介だけれども、1本の木を新たな家族の一員として迎え入れてもらう。つまり、1本の木を育ててもらうという条件で入居いただくということにしたのです。育てるという厄介さを引き受けることで、それ以上の豊かさを手に入れることができる。自然とともに暮らす、木を育てる喜びがついてくる―そういうコンセプトはどうですか」とオーナーに提案されたそうです。

「このプロジェクトに携わることになった頃、フィンランドに行く機会がありました。そこでバルコニーを上手に室内化している家のあり方に触れることになりました。
ヘルシンキに1週間ほどアパートを借りたのですが、違う空間が豊かさを生み出していると感じました。バルコニーに新たな価値を見出せないかと感じたのです。
そこで、このプロジェクトでは、『木』というアイテムを用いて、生活に厄介なことをバルコニーに設えました。それは、部屋の延長線上として、積極的に利用できる場所としたのです。例えば上階に伸びていく木が入居者の間のコミュニケーションツールにもなる。そんな風にも考えました。1本の木を介して、上下階がつながっている訳です」

外観は矢板の型枠を使っています。木枠の粗々しさをストレートに感じることができます。育っていく木々を受け止める自然な土、石のような対比で、経年劣化をものともしないよう、建物としての将来を見据えています。
「工事が始まってから、『これ何?』と通学する子どもたちの話題になっていたみたいで、行きかう大人たちも『一体何が建つんだろう』と興味津々のようでした」
建築自身がもつ美しさと同時に、そこで何か新しい状況が起きることも同じくらい重要であると感じるようになったという伊藤氏は、子どもたちの反応を完成まで楽しんでいたとのことです。

2020年8月9日 at 11:42 AM