255-2 2269 AZAVU

用途: 竣工年月: 場所: 構造: 規模:

閉鎖的な建物の中で味わう特別な空間

東麻布の大通りを一本入った住宅街にあるホテルである。「閉鎖」と「安らぎ」、一見正反対の要素が両立することで都会の隣接した建物の中落ち着ける空間ができた。初めて訪れる人はどこがエントランスなのか分からないかもしれない。一歩中に入ると黒を基調とした落ち着いたインテリアは非日常の空間である。

宿泊するだけの施設にしたくないという思いでエンターテイメントを一つ楽しんでもらおうと、飲食に力を入れている。ただ今、無料でプリンを提供しているが、それも調理場でシェフが作っており、大変好評で皆さん完食されている。韓国ブームに乗って韓国料理を日本全国に一気に展開した、クリエイティブな料理人がマネージャーをしており、料理がとにかくピカイチ美味しい。全て調理場で作って同じ値段帯のビジネスホテルのルームサービスと差別化をしている。

現在、緊急事態宣言中であり、アルコールの提供ができない中、今までと違い宿泊者のニーズはより食事のクオリティを求める方向にあると思っている。

宿泊者も県外の方は少なく、東京都内の方が圧倒的に多いが、都内の方々がなぜ泊まるのかというと、終電を逃したとか、コロナ禍で自分にちょっとしたご褒美という方も多い。それに対して、ただ単純に泊まるだけではなく、この閉鎖的な建物の中で特別な時間を過ごして頂きたいという想いから、食を始めとした、サービスの充実を図っているのである。

今後宿泊業界は必ず、復活すると思っている。その時に備えて稼働率とスタッフのモチベーションを保つことが大切だと感じている。

(株式会社Robot Home 代表取締役 古木大咲氏 談)

構造︓RC 造
規模︓地下1階、地上5階
用途︓ホテル
施工担当︓鯨津・竹原・細谷・渡辺
竣工︓2020 年11 月
撮影:アック東京

2021年6月10日 at 3:42 PM