256-3 Lauleʼ a Moto Azabu ( ラウレア モトアザブ)

用途: 竣工年月: 場所: 設計: 構造: 規模:

家族の団らんスペースで「STAY HOME」を乗り切る

麻布十番商店街から1 本入った、大江戸線の麻布十番駅から徒歩4 分、六本木駅からも徒歩10 分という好立地のテナント併用住宅です。
コンクリートの打ち放しの外壁で、2 つのテナントは約22 坪です。
オーナーのKM 様は、コロナ禍で子どもたちにも外出自粛要請が始まった昨年春、やっと仮住まいだった家からこの家に引っ越すことができて、本当に良かったとおっしゃいます。

3 階の玄関から左に伸びる廊下の壁の裏側にキッチン、そしてさらに階段を2 段上がったところがリビングとなっています。リビングは三方に窓が開かれ、天井高は2700 ㎜とお子様がのびのびとトレーニングできるくらいの開放的なスペースです。
キッチンとリビングの段差を利用して、テーブルが設えられました。天板はKM 様こだわりの白のクォーツストーンです。
他の居室についても内装は白で統一され、テラスでひとつながりになった最上階は、隣接する「Cadre Motoazabu」の壁面が閉じた形になっているため、その反射で明るく伸びやかなプライベート空間になっています。
前面道路側の最上階の屋上には、水回りが設けられ、BBQ などのご家族団らんの場として活用されることでしょう。

(編集部まとめ)

構造︓RC 造
規模︓地下1階・地上3階
用途︓店舗・住宅
設計・監理︓山内研/㈱HOU 一級建築士事務所
竣工︓2020 年3 月
施工担当︓村山・堀内
撮影︓アック東京

 

2021年7月12日 at 1:56 PM