256-2 Cadre Motoazabu ( カドル モトアザブ)

用途: 竣工年月: 場所: 設計: 構造: 規模:

中央の吹き抜けやテラスで採光を確保

麻布十番商店街の一角の土地を相続された2 家族が、新たに建物を建てられたプロジェクトです。当初、大きな一つの建物が計画されましたが、後々の事を考えて区分所有で分けられるよりは、最初から2 棟に分けた計画を、と同じ設計者の設計で別工事として弊社で施工しました。

「Cadre Motoazabu」はL字型に「Lauleʼ a Moto Azabu」の建物を囲むように建ち、隣接する納骨堂の広い通路に沿うように奥にアプローチが延びており中央に吹き抜けをはさんで採光と通風を確保しています。
テナントスペースは前面道路側に2戸(約13 坪)、奥に約55 坪と46 坪のスペース2 戸。そして最上階がオーナー邸となっています。
オーナー邸の明るい玄関ポーチを入ると、キッチン・ダイニング、そしてリビングがひとつながりの空間になっており、和室はKH 様のこだわりのスペースとなっています。その奥にはサッシで仕切られた書斎があり、その壁に設えられた屋内階段が屋上へと続きます。

打ち放しコンクリートの建物が持つ力強さは表通りの「Cadre Azabujuban 」と呼応するかのようにオーナーのクリエイティブな感性を呼び起こすそうです。コロナ禍の影響でしばらく空いていた1 階にはクリニックが入ることになりました。

(編集部まとめ)

構造︓RC 造
規模︓地下1階、地上2階
用途︓店舗・住宅
設計・監理︓山内研/㈱HOU一級建築士事務所
竣工︓2020 年3月
施工担当︓村山・田所・富樫
撮影︓アック東京

2021年7月12日 at 1:56 PM