16-4 代田の家

 

2世帯住宅です。奥様はインテリアなどの輸入雑貨を取り扱う仕事をされています。ご主人は、趣味のドラムが叩ける部屋を地下にご希望です。奥様の実家のご両親の家を建てかえ、同居することになりました。ご両親の世帯は1階の奥の敷地の1階部分、ご夫婦の世帯は表側の敷地(地下1階、地上2階)とそれぞれ独立した構成になっています。
ご両親の世帯の屋根の上に、庭に代わる大きなデッキをとりました。奥様が選んだ、大きな素焼きの鉢におさまった南洋の蘭がダイナミックに置かれており、ボリューム感のある空間になっています。2階は、お嬢さんの個室と、リビングダイニング。東南アジアテイストの家具や雑貨がリラックスした雰囲気を醸し出し、壁には以前の家の鴨居を飾ってあります。この2階は、北面とデッキに向いた東面が全面ガラス窓で、工事担当者も苦労したのですが、冷房は不要、風だけで十分涼しいそうです。南側が現在空き地ですが、将来新たに建物が建つと予想して、北側に大きく窓をとることで、落ち着いた採光を実現しています。地下は、奥様の事務所とスタジオと納戸。地下の涼しさはまた格別です。サイザル椰子を張った吹抜けの階段を下りると、その温度差を実感します。(編集部まとめ)

場所:世田谷区
竣工:2001年4月
構造:RC造
規模:地下1階、地上2階
用途:専用住宅
設計・監理:武松幸治/E.P.A.環境変換装置建築研究所

2001年4月12日 at 1:50 PM