14-3 瀬田の家

 

コンクリート打ち放しの外壁に、木や大谷石、洗い出しのアプローチなどの素材が合わさり、環境問題に造詣の深い武松氏の感性が随所に盛り込まれています。
内部は、高い天井の大きな開口部に障子を2段に設置し、アジアの融合を感じさせる意匠が施されています。

建て主は、韓国の芸術家、崔在銀氏。

1976年に来日し、草月流に入門以後、日本、韓国、イタリアなど世界各地でダイナミックな創作活動 を続けられています。
2000年、崔さんが製作、監督、編集を手がけられた映画「On the Way」は、モントリオール世界音楽祭「Cinema of Tomorrow」部門正式招待作品、韓国チョンジュ国際映画祭「Asian Indie Cine-Forum」部門の正式招待作品となりました。
脚本は崔さんと中村桂子(DNA生物学者)、音楽は細野晴臣、真壁尚也、撮影はHans Rombach BVK(ハンス・ロンバッハ)です。ロケはアウシュビッツ、韓国板門店、ベルリンで行われました。 秋の一般公開に先駆けて、辰のスタッフも試写会にご招待いただきました。

構造:RC造
規模:地上2階
設計・監理:武松幸治/E.P.A.環境変換装置建築研究所
竣工:2001年5月

2001年5月13日 at 11:05 AM