199-2 LOKO GALLERY

用途: 竣工年月: 場所: 設計: 構造: 規模:

カフェも併設、アーティストの活躍の場、コンテンポラリーアート・ギャラリー

建物は、1階手前にカフェ、奥には吹き抜けの展示スペースがあり、2階へつながっている。地下1階には作品の展示やトークショーも行えるスペースが配置され、カフェと連続した空間になっている。3階には、アーティストのレジデンス住戸を用意し、3・4階には賃貸を想定したメゾネット住戸が置かれている。用途、空間ともにコンプレックスな構成の建物である。
オーナーの遠藤氏は初めてお会いした時には、既に具体的な設計コンセプトをお持ちだった。
①吹き抜けを持つ高い天井の展示スペース、②トップライトから自然光が広がる空間、③カフェ併設。都内のほとんどのギャラリーは、小さなスペースで、アーティストの自由な作品づくりに応えられるスペースを確保しているところは少ない。「LOKO GALLERY」では、限られたボリュームの中で、最大限、多様な作品を許容できる空間を目指した。
また「もっと気軽にアートを楽しんでほしい」という遠藤氏の思いから、1階奥の展示スペースの床を少し高くし、道路よりカフェ越しにギャラリーの展示作品を楽しめるよう意識した。
ギャラリーに併設されたカフェ「私立珈琲小学校」には、富山・高岡で硫化染色された銅板とオークで構成されたカウンターがあり、元小学校教諭のバリスタ・吉田恒氏が丁寧に入れたコーヒーを味わいながら、作品を眺められる。デッキテラスにはベンチを設え、気軽に立ち寄れるオープンな空間とした。
建物の真正面は猿楽小学校の正門へつながり、子どもたちも身近にアートを親しめる場所となればと期待する。

(加藤かおる氏 談)

構造:RC造 規模:地上4階、地下1階
用途:店舗、住宅
設計・監理:加藤かおる/ハウスカ一級建築士事務所
施工担当:瀧澤 堀内
竣工:2016年7月
撮影:傍島利浩

LOKO GALLERY
東京都渋谷区鶯谷町12-6
TEL:03-6455-1376 FAX:03-6455-1378
URL:http://lokogallery.com
〔火-土〕11:00-19:00 〔不定休〕

私立珈琲小学校
〔火・水・木〕11:00-19:00
〔金・土・日〕 11:00-20:00
定休日:月曜日

2016年10月17日 at 2:48 PM