トップ4項目でご紹介しています。全ての記事をご覧になりたい方はバックナンバーのPDFをご参照ください。

217-1 池袋 乙女の街

あるTV番組で「外国人が行ってみたい街」の一つに「池袋駅東口」が紹介されていました。「どんな外国人が?」と思っていたら、出てきたのはドイツ人のお嬢さん。日本の「乙女ゲーム」のファンで関連商品を買いに来日したのだそうです。
秋葉原が男子のオタクの聖地なら、今や「池袋」は女子のオタクの聖地。特に、サンシャインシティ60の前の通りは「乙女ロード」と呼ばれて、女性向けのコミックスやゲーム、アニメ・キャラクターグッズなどを取り扱う専門店やコンセプト喫茶が密集しています。
豊島区では2016年、「豊島区お散歩シリーズ乙女編 池袋乙女マップ」を4カ国語で発行、外国人観光客への積極的なサービスに取り組んでいます。
「乙女ゲーム(乙ゲーなどと略される)」とは、女性向け恋愛ゲームのうち、主人公(プレイヤー)が女性のゲームの総称です。1994年に光栄(現:コーエーテクモゲームス)から発売された『アンジェリーク』がその1作目と言われており、2002年、コナミが『ときめきメモリアル Girl’s Side』を発売して、それまで乙女ゲームをプレイしたことがなかったユーザー層も獲得、女主人公恋愛ゲームの認知度が大幅に上がりました(ウィキペディア参照)
さて、今月ご紹介する写真の「オトメイトビル」は、2008年に発売された「薄桜鬼」など数々の乙女ゲームがヒットとなっているアイディアファクトリーが企画した「中を見て回るだけで楽しめる、すべての乙女ユーザーのためのコンセプトビル」です。
「薄桜鬼」は原作ゲーム発表後、続編や番外編がリリースされる一方、テレビアニメやOVA(オリジナル・ビデオ・アニメーション)、舞台、ミュージカル、映画などの関連企画なども多彩に展開され、現在もヒットしている人気乙女ゲームです。
1階はクレープのお店、2階はキャラクターの関連グッズ販売、3階は2.5次元ショップとなっています。「2.5次元」とはアニメ・ゲームなどの人気タイトルがミュージカルなど舞台化されたもので、数多くのイケメン俳優が誕生しています。
4階はゲームなどのコンセプトカフェ、
5階はオトメイトカフェで、オトメイトのゲームとのコラボカフェが展開されています。6階はオトメイトスクエア(多目的イベントスペース)となっています。今後様々なイベントが企画されているようです。
3月のある晴れた日曜日、オトメイトビルの前で看板を見つめている女性たちに話を聞いてみました。20歳の学生A子さんは「オトメイトビル」ができたと聞いて友達を連れて見に来たそうです。ゲーム歴は2年くらい。「現在ボーイフレンドはいないけれど、ファンには普通に主婦もいたり、彼氏がいたりする」そうです。ソーシャルゲームでは、乙女ゲームに限らず、ゲーム内のアイテムをそろえるための「ガチャ」と呼ばれる課金システムがありますが、彼女はゲーム関係に1カ月約10,000円くらい使うそうで、平均的な金額だそうです。
池袋にたくさん人が増えてきたのは、やはり「薄桜鬼」が映画になってからで、「オトメイトは、きれいな絵とセンスが魅力です」とそこは外せないそうです。
女性のプロゲーマーも出現したり、eスポーツがオリンピック種目になるかもと、ゲームの世界とリアルな世界のマーケットの結びつきは、どんどん拡大しているようです。

217-2 オトメイトビル

ビルのサインとフォルムが洗練されたイメージを生み出す

「周辺からよく見えるサインを設置したい」「上階にイベントホールをつくりたい」という、2つの命題を与えられた。幅4m・高さ25m・奥行27m・7階建の建築の上に、鋭角三角形平面の広告塔を設置。最高高さ29mである。
天空率を利用した道路斜線の緩和から生まれる鋭角三角形の広告塔。
ファサードに取りつけた2本の直通階段で成立する6階のホール。
建築の法規制から導き出した建築そのものが、サインとなることを考えた。
上昇感を強調した細長いプロポーションの建築は、制振ダンパーを設置することによって風・地震による揺れを低減している。
工事は、両側建物が近接する間口4.5m、奥行28mの敷地で行われた。周到な計画による重機の切り回し。作業工程の綿密かつ柔軟な組み立て。既存建物の地中障害による工事の中断を乗り越え、ほぼ工程通りに完了できたのは施工の皆さんの努力の賜物であろう。
(鈴木孝紀)
※弊社は、本体工事のみ行い、店舗内装工事は別会社様の工事となっています。
構造:S造
規模:地上6階
用途:店舗・事務所
設計・施工:ユニホー
設計協力:鈴木孝紀/鈴木孝紀建築設計事務所
施工協力:辰 担当:竹原
お引渡し:2017年12月
撮影:アック東京①③+編集部②④

217-03 「2018年度 辰安全衛生協力会 安全大会開催」

3月20日、渋谷商工会館において、2018年度辰安全衛生協力会の安全大会が開催されました。安全衛生協力会は、辰と協力会社の皆様が一緒になって安全パトロールなど、無事故無災害を目指す活動を行うものです。
第1部
活動報告、決算報告、次年度活動計画・予算案承認などに続き、今期より新たに磯辺工務店、 日南鉄構、八重洲電業社、創心建設興業の4社に幹事に就任いただきました。その他6名の役員は昨年の方々が重任されています。恒例の各表彰者は以下の通りです(敬称略)
◆安全作業所
1.中目黒マンション新築工事  所長 讃井隆浩
2.エフプランニング社宅兼事務所新築計画 所長 佐々木健太
◆安全標語
最優秀賞:浜田製作所 浜田雅史(年間スローガン)入賞:12名 (月間スローガン)第2部
辰の現況報告と各表彰、新しい建築部チームのリーダーと新入社員紹介などが行われました。
◆優良協力会社:アイバ工業、共立設備、中居工務店、糸井電設、磯辺工務店
◆匠:高島忠鍚(共立設備)、細谷隆幸(玉屋硝子工業)、久保木栄治(久保木土建)
◆営業褒賞:日南鉄構、東京建工、長田測量設計事務所、エイエヌ工業、ナンセイ、糸井電設
第3部は、『江戸下町の安全活動~落語に学ぶ、安全の知恵~』と題して、落語家の三遊亭多歌介師匠の楽しい講演と落語が開催されました。

217-4 「新川2丁目共同住宅新築工事」竣工内覧会と落成式

さる3月16,17日、「新川2丁目共同住宅(建物名:SHINKĀ)」の竣工内覧会と落成式が開催されました。
(プロジェクトの詳細はこちらhttp://shinkatokyo.jp/)
1日目は内覧会の後、鯨津現場所長撮影の写真を見ながら、自分の登場場面に合わせて、工事担当者がスピーチを行うという楽しい企画が用意されました。
建て主S様は「多くの職人さんたちは、建物の完成形を見ることが少ないと思います。竣工したら内部も含めて、ぜひ皆さんに建物全体をみていただきたいと思いました」と語られ、飲み放題、食べ放題の宴の中、各工事担当者にねぎらいの言葉をかけられていました。
すでに工事前半に参加する躯体業者の宴も開いていただいており、当日は内装関係者がほとんどでしたが、スライド上映に合わせて自分の工事を語る参加者の話には、普段聞けないことも多々ありました。
この建物は地下1階、地上12階、地下にはアンサンブルホール、地上12階にはスカイテラスという
コミュニティスペースが設けられ、13タイプの住戸の内、音楽演奏者のための防音室付き住戸が5タイプ14室も用意されています。
音楽好きのS様と設計の長谷川順持氏(事務所が入居予定)、そして音楽愛好家の入居者の方々のクリエイティブなコミュニティが、江戸の情緒を残す新川に新たな住まいの形を提示します。