トップ4項目でご紹介しています。全ての記事をご覧になりたい方はバックナンバーのPDFをご参照ください。

213-1 アーティスト・イン・レジデンス

 写真は、この度弊社がリニューアル工事をさせていただいた、新しいタイプのオフィス・アパートメント「PORTAL Apartment & Art POINT」です。渋谷駅西口からJR山手線の線路沿いの道を恵比寿方面へ歩くこと5分。グレイの色調の楽しい壁絵が施された建物に、グリーンとウッドベンチ、キッチンカー、赤と白のテントなどが置かれたバックヤードが現れ、道行く人の心を引き付けます。
(線路側のバックヤードは上の写真のエントランスの反対側になります)
 今回のリニューアルをプロデュースしたのは、トランジットジェネラルオフィス、企画・管理は、同グループの株式会社リアルゲイトです。トランジットグループは2010年、お台場・青梅地区で日本最大級のSOHOオフィス、「the SOHO」(約380区画)を手掛けて、小規模事業者のための新しい働き方を提案し、注目されました。2009 年の創業以来、シェアオフィスのリーディングカンパニーとして、都心部を中心にクリエイター層に支持される施設の企画・運営を32棟行っています。
最近では、クリエイティブオフィス「PORTAL POINT」シリーズを麹町、有楽町、青山の3カ所で展開。第4弾となる、この渋谷・桜丘町では、サービスアパートメントという“住む”機能を付加させ、クリエイターやベンチャー企業、海外のツーリスト向けに、さらにフレキシブルなライフスタイルを提供していきます。
なかでも、海外アーティストによるアートが施された2部屋を、「アーティスト・イン・レジデンス」で実現しました。
「アーティスト・イン・レジデンス」とは、アーティストが一定期間、その場に滞在して作品を完成させるというものです。古くは、ミケランジェロ時代の工房から存在しており、20世紀に入ってからはNYの芸術家村「Yaddo」などが有名です。海外に比べ日本では自治体で行うものが多く、自然が豊かで安全な日本での滞在を希望する海外アーティストは、少なくないようです。アーティストがその地域にあるものに影響を受けながら展開する作品は、制作活動自体が成果のひとつといえるようです。
一方で、アーティストの作品自体に主体を置くのであれば、行政の条件などがない形も、今後は増えてくると予想されます。
今回、アーティスト・イン・レジデンスの企画を行い、サービスアパートメントにおいてアーティストを選定したのは、長年、渋谷カルチャーを牽引している BEAMS。そして実際の2 部屋のアートを担当したのは、インドネシア在住のナターシャ・ガブリエラ・トンティと、タイのラキットです。ナターシャ・ガブリエラ・トンティは、2015 年「⻩⾦町バザール 2015」へ参加し、「UNKNOWN ASIA ART EXCHANGE OSAKA 2016」において、 BEAMS賞、ヒロ杉⼭賞、⽇下慶太賞を受賞するなど、オーストラリア、⽇本で活躍する注⽬のアーティストです。ラキットは、ステンシルで描かれた幾何学模様が特徴的なストリートペインターとして活動を始め、韓国、インド、⾹港、ドバイなどでも活躍。カシオG-SHOCKのスペシャルパッケージ、ラコステ、Live 、Smirnoff など、多くのアートプロジェクトを⼿がけています。
さらに、最初に述べたバックヤードの壁画やルーフトップに、独特の壁画(ミューラル)を描いているのは、Ly(リイ)さん。日本で生まれ育って、東京を中心に日本、アメリカ、フランス、タイ、マレーシアなどで壁画を制作。国内外でストリートペインターとして活躍中です。相棒のLUV(ルーヴ)くんという真っ黒なキャラクターの絵は、他にも建物内部の共用スペースのあちこちに見つけることができます。
アートがふんだんに盛り込まれた、リニューアル物件ならではの楽しい空間を、感性豊かな入居者の方々が、さらに使いこなしてくださることでしょう。

213-2 PORTAL Apartment & Art POINT

渋谷桜丘町のヴィンテージマンションが、新しいアパートメント&オフィスにリニューアル

 渋谷駅からほど近い11階建のヴィンテージマンションのリニューアルです。SOHO事業に定評のある、トランジットグループの株式会社リアルゲイトが、展開中の「PORTAL POINT」第4弾として、今回は「住む」機能を加えました。
 最上階の10、11階の2層は、広めのプレミアム・オフィス。天井や梁などに現しになったコンクリートの面を残し、床には素材感のあるフローリングを採用して、雰囲気のあるオフィス空間を可能にしています。
8-9階のサービス・アパートメントは、家具付パターンを用意。入居したその日から、自宅のようにくつろげる環境を提供しています。さらにその中でも、今回、建物名にも入っているように、海外アーティストによる特別なアートが施された2部屋が用意されています。
5-7階のアパートメント(家具無し)区画は、LDK空間に、トイレ・洗面、シャワーなどの水回り設備を隠したシンプルな間取りです。キッチン等の設備はデザイン重視のセレクト。コンクリート現しのインダストリアルな雰囲気、広々としたSTUDIOプランは、ライフスタイルに合わせて、レイアウトをフレキシブルに変更できます。
1-4階のオフィスは、最大40.46㎡の全21区画。1~5人程度の少数精鋭企業に最適なプライベートオフィスプランです。クォータースケルトン(※)を導入し、機能的でフレキシブルなレイアウトが可能です。
※クオータースケルトン:塗装・エアコン・ブラインド・ライティングレール・ネット・専有部出入口セキュリティ等最低限のインフラを設置し、そのままでもオフィス利用できる状態。
他にも、バックヤードカフェや、サンベッドが並び東京の空を見渡せる
開放的なルーフトップ、入居者が集う、洗練されたデザインのロビー
ラウンジやミーティングルームなど、充実のパブリックスペースが、多様な入居者のライフシーンを彩ります。
世界中からワーカーやツーリストなど様々な人が集まり、TOKYOの街を更に盛り上げます。
(編集部まとめ「PORTAL Apartment & Art POINT」公式サイト参照)

portal_point_plan※各区画の賃料や共益費、設備・仕様、および内覧会申し込みは公式サイトでご確認下さい。http://portalpoint.jp/sakuragaokacho/

所有者:東京急行電鉄
貸主:リアルゲイト
用途:共同住宅・事務所
構造:S造・SRC造
規模:地下1階、地上11階
延床面積:3341.63㎡(1010.84坪)
区画面積:34.22㎡~60.51㎡
竣工:1981年8月
リノベーション:2017年11月
施工担当:宮島、畠中、朴
撮影:アック東京

213-3 渋谷『100BANCH』に、カフェ・カンパニーの『LAND seafood 』がオープン

「100BANCH」は、かつて事務所兼倉庫として使用されていた築41年・3階建ての建物を、東京急行電鉄がコンバージョンし、「未来をつくる実験区」というコンセプトのもとにパナソニック、ロフトワーク、カフェ・カンパニーがリノベーションを施した新しい施設です。弊社は、その耐震・遵法化工事、ファサード・サッシ工事を行いました。
7月7日の2,3階のリニューアルオープンの後、10月31日、待望の「新たな食を探求するダイニング『LAND Seafood』(ランドシーフード)」が、1階にオープンしました。

店舗デザインはカフェ・カンパニー設計デザインチーム。築41年の元倉庫の持つ、力強く無駄のないソリッドな面影と、ダイニングとして食事を堪能することができる温かさと機能を同居させたデザインになっています。
約100坪 / 100席の店内には、シェフの活気を感じられるオープンキッチンを中央に配置。ゆったりくつろげるソファ席、気軽に使いやすいテーブル席、お食事利用もバー使いもできるカウンター、ミーティングやミニイベントにもぴったりなラウンジゾーンも用意されています。「100BANCH」のプロジェクトともコラボレーションし、様々な実験が展開されていく予定です。

 

■住所:渋谷区渋谷3-27-1 ■電話番号:03-6427-9315
■営業時間:ランチ11:00〜15:00 / ティータイム15:00〜17:00 / ディナー17:00〜
※L.O.フード22:00、ドリンク22:30 ■WEBサイト:http://www.landseafood.jp

213-4 「第7回ZEN社一丸大運動会」 2017年10月28日 

2017年10月28日、よみうりランドにて、第7回ZEN社一丸大運動会が開催されました。
昨年、惜しくも優勝を逃した辰ですが、今年は雪辱を果たすことができました。

「3つの良かったこと」 ZEN実行委員 村田 雄吾(総務委員長)

今回は、ZEN実行委員の総務委員長として運動会に参加しました。振り返ってみると「良かった」の一言に尽きると思います。

まず1つ目の「良かった」は、「開催できて良かった」こと。心配の種は天気でした。こればっかりはどうしようもないのですが、天気予報と常ににらめっこ状態で、中止かもという不安が頭をよぎりながらも準備を進めていました。そして当日は曇り、天気予報ではすぐにでも雨が降る予報。気が気でなかったのを思い出します。何とか全競技を行うことができ、閉会式直前に本格的な雨になるというギリギリのタイミングで運動会が終わりました。「中止にならず良かった」。2つ目の「良かった」は、グループ会社の方々との交流を持てたという点。目標に向かって協力し合えたことが「良かった」。3つ目はやはり「辰が優勝して良かった」。めざせ2連覇。

 

 

「来年も優勝をめざします」ZEN実行委員 堤 沙織

実行委員の競技担当として、競技の計画、当日の運営を行いました。毎年大いに盛り上がる運動会。今年も皆さんに楽しんでいただけるよう、委員一丸となって打合せを重ねました。普段交流することのない他社の社員さんとひとつの目的をつくり上げた4ヶ月間。いつも新しい発見と驚きで勉強させられることが多く、とても貴重な時間となりました。ありがとうございました。
来年は当社が7年に一度の幹事会社となります。連続優勝も目指して盛り上がっていきたいです。

 

「競技必勝法が実を結ぶ」社内実行委員長 若井 定昭

ここ4年間はZEN実行委員として運営側で関わってきましたが、久しぶりに今回は辰チームとして運動会に参加しました。率直な感想は、運営側もやりがいがあり良い経験ができましたが、やっぱり運動会はチーム側として参加した方が楽しかったです。
今回は辰チームの実行委員長を務めさせて頂きました。競技エントリー表や競技必勝法などを作っている過程で「なんか優勝出来そう」と手応えを感じてはいたのですが、イメージ通りに皆さんが活躍してくれて、見事総合優勝することができました!
運動会に参加してくれた方々、当日の各お手伝い係をしてくれた方々、運営側の方々に改めて感謝申し上げます。来年もたくさんの方々のご参加をお待ちしてます!

 

「グループ各社の方と楽しく交流」ZEN実行委員 谷田 佑介

今回、私は、ZEN運動会実行委員(競技委員)として運動会に参加しました。ZENグループ各社の方々と隔週くらいで集まり、交流を深められたことが良かったです。
また、雨予報の中、何とか最後までやり終えたこと、そして辰が優勝できたこともよかったです。来年は選手として二連覇できるように貢献したいです。