222-2 代々木4丁目プロジェクト(Y邸)

用途: 竣工年月: 場所: 設計: 構造: 規模:

 

美しい夕日を眺められる高台の家

代々木の閑静な高台の住宅地に、見晴らしの良い家を建てたいというご希望である。

「夕陽ヶ丘テラス」という建て主からのプログラムは、「リビングと一体になったデッキ」、「車が4台入る駐車場」、「星や月が見える露天風呂」、「茶室」、そして人が集まれて、バーもある「夕陽ヶ丘テラス」など、楽しそうなキーワードが並んでいた。それらすべてを盛り込み、敷地のレベル差を利用した地下1階、地上3階のコンクリート打ち放し4層の建物を作り上げた。

 

敷地は参宮橋公園の近くで、南西側に下がっていく斜面の一番高いところに位置する、かなりレベル差のある場所である。谷の底には、今は暗渠となっている春の小川、渋谷川の源流が流れている。大昔から居住環境として良い土地だったのだろう。近くの参宮橋公園では縄文遺跡も出土している。
平行四辺形の敷地に直方体の建物を単純に置くと、大小2つの三角形が生まれ、それぞれ大きい庭、小さい庭とするところから、設計は始まった。その三角形に島を出したり、岬を出したりするようにデッキを配置している。
地下1階は駐車場、1階はエントランスとバー、2階がリビングダイニング、茶室、3階が夫妻の寝室と露天風呂というプランである。
当初、1階の中庭から2階の島のテラスに向けて外階段を設け、2階の茶室への待合としてみたが、回遊性のある空間がかえって不用心だということになり、階段は外された。
今回は材料を買いに建て主と木場まで行ったり、庇を仕掛けて掛込天井を作ったり、といろいろやらせていただいた感じである。露天風呂は、壁に檜を貼り、天井高を高く取って、テラス側にサッシも開放できるようにし、「星を眺めながら、お風呂に入りたい」というご主人の希望を叶えることができた。
しっかりとしたインフラとしての建築を用意し、周囲との環境調整も上手くいったと思う。植栽は別工事となったが、この後もご夫婦二人でだんだんと手をかけて、建物を成熟させていかれることだろう。
(鈴木孝紀氏 談)
構造:RC造
規模:地下1階、地上3階
用途:専用住宅
設計・監理:鈴木孝紀建築設計事務所
施工担当:間瀬
竣工:2018年4月
撮影:齋部功(⑦を除く)⑦アック東京

 

2018年9月11日 at 2:53 PM