233-2 NC BUILDING (神宮前6丁目プロジェクト)

用途: 竣工年月: 場所: 設計: 構造:

次世代へ繋ぐために配慮された機能とデザイン

長年、表参道で飲食店を営まれてきたご夫婦の自邸と店舗の建替え計画である。隣地に建つ親戚の経営するビルに意匠を合わせ「景観に配慮したい」とRC打ち放しのビルを希望された。
1~3階に5つの店舗、4・5階がオーナー自邸であり、2階店舗の1つにオーナーが経営する飲食店が入る。1・2階の店舗は1フロアを乾式間仕切りで2つに分割しており、フロア貸しも可能である。

南と西の道路に対して交互に壁面を後退させることで生まれるバルコニーは、外部環境との接続を生むほか、RC造の手摺を逆梁の構造体とすることにより幅の大きな開口部の実現に寄与している。

小さな建坪の中にオーナー自邸、オーナー店舗、4つの賃店舗、設備スペース、それぞれの専用アクセスを詰め込んだ。規模のわりに動線が占める割合が大きいように思えるが、各店舗への来客者とオーナーの生活との交錯を避けつつ、店舗の利便性や設備機器のメンテナンス性を確保するために必要な操作であった。

半世紀以上住み続けた土地への配慮と街の未来を創りたいというクライアントの意思に共感し、ここに建つ建築も未来を見据え、時の経過に耐えるものにするべきであると考えた。

  (山下真平氏 談)

所在地:渋谷区
構造:RC造
規模:地上5階
用途:店舗・事務所・住宅
設計・監理:山下真平/山下真平建築設計事務所
施工担当:岡本
竣工:2019年5月
撮影:阿野太一

2019年8月13日 at 11:14 PM