102-3 Lynx takanawa

用途: 竣工年月: 場所: 設計: 構造: 規模:

建築と看板の融合を提案する、 新しいカタチのテナントビル

五反田から、 都心に向かって国道1号線を上りきった大きな較差点の、 見通しの良いわずか45 ㎡の小さなスペース。 この場所を生かして、 テレビのような広告効果のある発信性の高いオフィスができないか、 と考えた。 ガラスファサードを3分割し、 法的な予件を満たしつつ、天井を高くとった 2 階の上部壁面に内装式の広告を設置して、 1、 2階のオフィスの業態と一体化させる。 例えば自動車ディーラーであれば、 1 階に車そのものを展示しつつ関連商品を2 階に置き、 あるいは接客スペースを設け、 上部に車の広告看板を打つことで、 トータルで会社のコンセプトを表現できるのではないか。
都心を走り回っているラッピング ・ バスから得た着想だが、 コーポレートガバナンスの重要性が叫ばれる今、 いろいろな利用方法でテナントが展開されることを期待している。

(高階澄人氏、 芝祐仁氏談)

所在地 : 港区
用途 : 店舗 ・ 事務所
構造 : 鉄骨造
規模 : 地上 2 階 延床面積 : 74 ㎡
設計 : 高階澄人建築事務所
構造設計 : 川上構造デザイン
施工担当 : 宮島利夫、 塩康夫
竣工 : 2008 年 5 月
撮影 : KATSUTA  SHOYA

2013年2月24日 at 2:00 PM