40-2 m-house(レントハウス茂手木)

用途: 竣工年月: 場所: 設計: 構造: 規模:

「m-house(レントハウス茂手木)」は、基準法上は「共同住宅」ですが、「長屋」の形式で共用スペースを排除し、収益性を高める設計を行いました。「m-house」の設計者、鈴木孝紀氏(ハル建築研究所)にお話をうかがいました。
鈴木「まず40㎡以上の住戸が8戸必要というオーナーの要望がありました。また第1種低層住居専用地域のため、日影規制に掛からないよう建物の高さを7m以下で計画し、また北側斜線もクリアしなくてはならないという制限がありました。そこで容積の地下緩和を利用して必要床面積を確保し、共用部分を最小にして、賃貸面積を最大限に確保しました。」
―中に8戸もの部屋が納まっているとは思えない、ごく普通の建物なのですが、傾斜地を利用した重層構造の部屋は、それぞれいろいろな表情を見せています。
鈴木「南に3mほど下がっているでしょう。地下1階、地上2階のRC造でいけると思いましたね。費用も工期も無いので擁壁を作ると大変です。それよりも建築そのものをコンクリートの塊と考えれば十分対応できます。地形を生かし、快適でのんびりした空間を考えました。いかにも共同住宅という顔つきの住宅よりも、一軒家のように見えて、各戸の住人がそれぞれのアクセス方法で部屋に入っていく感じがほしかった。」
設計段階で開口部の組み合わせをパズルのように楽しみました。敷地が高台なので、各方角のいろいろな景色をどう取り込むか工夫し、更に外から見たときは、奇抜なデザインはこの閑静な住宅街には適切ではないと配慮しました。
このような四角い箱に重層で部屋を入れていくには、構造的な制約はあります。しかし、内部から外がどう見えるのか、変化がある方が住宅として面白いですから、そのあたりをだいぶ意識しました。

(鈴木孝紀氏談  2物件のトークより、再構成しました)

構造:RC造
規模:地上2階、地下1階
用途:共同住宅
設計・監理:鈴木孝紀
竣工:2003年6月
撮影:斎部功

 

m-house(レントハウス茂手木)」Plan。①北面全景。隣地の豊富な緑が大きめな開口部を通して室内から楽しめる。②東面全景。通行人の視線を遮るため、目線の合う2階の窓は小さめに。1階中央に全ての住戸のメーターボックスを集めた。ガルバリウム鋼板の外断熱を施している。③西側夜景④G-1F。左の階段を下りると、個室とバスルーム。地階から裏庭に出られる。⑤地階F-typeへの階段。植栽の雰囲気と打ち放しの開放感が面白い。⑥地階B-typeのエントランス。1階の半分を吹き抜けのようにダイナミックに利用している。
(撮影:斎部功)

2003年7月10日 at 5:54 PM