トップ4項目でご紹介しています。全ての記事をご覧になりたい方はバックナンバーのPDFをご参照ください。

256-1 この地に住み続けること

写真は昨年3 月に竣工した、麻布十番商店街の一角の2 棟のテナント併用住宅です。親御様から相続された土地に新たなビルを2 家族で同時に建設されました。

建て主KH 様の家の家業は、もともとお祖母様の兄上が埼玉から引っ越してきた「炭屋」さんだったそうで、明治以降、芝の増上寺にも収めていたという古いお店でした。時代の変換期を迎えて、「燃料屋=灯油屋」となり、昭和40 年代になると、大きな家の冷暖房はセントラルヒーティングが全盛期。燃料屋も地下タンクを作って商売するようになってきましたが、高校生のKH 様は家業を継ぐ気はなく、母上が「燃料屋では都心では続かない。もう燃料タンクは作らない」と裏の土地にアパートを建ててしまったそうです。
「確かに地下タンクを作る人を見ていたらいかにも『商売繁盛』のような気がしましたが、でも忘れもしない昭和48 年のオイルショック。業界では救済措置を役所に陳情しましたが、『東京のインフラは整備されて電気・ガスに移行していくだろう。地方には配慮の余地があるが東京にはもはや不要』という回答で、実際に世の中はそうなりました」とKH様。その後、KH 様は家業を手伝いながら、額縁屋に見習い修行に行くこ
とにしました。
「麻布界隈にはほんとにいいお客さんが多く、明治の時代から商売をやっていた我々のようなものを大事にしてくれていたんです。私が絵が好きだったこともありますが、そういうお客さんがいる麻布であれば、『額縁屋』としても仕事になるかもと考えました」そこで当時日本一の洋画の額縁屋だった「八咫屋(やたや)古径」
(2018 年閉店)の門をたたいて修行し、のれん分けで「古径麻布Cadre」という店を出すことができたそうです。「Cadre(カドル)」はフランス語で「額縁」のこと。今でもビル名に使われています。その後20 数年「額縁屋」のお仕事を続けられました。

しかしバブル崩壊を迎えました。麻布の商店会でもご商売をうまくやっていても相続でもめてこの地を出て行かれる方が多かったそうです。KH様は「額縁屋」の店舗をビルに建て替えられることしましたが、平成23 年、東日本大震災が日本を襲います。
コンクリートの6 層の建物(Cadre Azabujuban)が建ちあがりましたが、震災の影響が大きく、KH 様は「もう『額縁屋』はやめよう」と決心され、すべての層をテナントに貸すことにしました。そしてコロナ禍前に新たなビルが建設されました。「土地を持っていることも、良いお客さんに恵まれたことも、好きな仕事をできたことも運がよかった。今、商店会でポスターを手掛けてもらっている宇野亜紀良さんも『灯油屋さんだったよね』という事から話が始まりました。そういう顔なじみの中に志村けんさんもいました。本当に残念でした」と振り返られていました。

256-2 Cadre Motoazabu ( カドル モトアザブ)

中央の吹き抜けやテラスで採光を確保

麻布十番商店街の一角の土地を相続された2 家族が、新たに建物を建てられたプロジェクトです。当初、大きな一つの建物が計画されましたが、後々の事を考えて区分所有で分けられるよりは、最初から2 棟に分けた計画を、と同じ設計者の設計で別工事として弊社で施工しました。

「Cadre Motoazabu」はL字型に「Lauleʼ a Moto Azabu」の建物を囲むように建ち、隣接する納骨堂の広い通路に沿うように奥にアプローチが延びており中央に吹き抜けをはさんで採光と通風を確保しています。
テナントスペースは前面道路側に2戸(約13 坪)、奥に約55 坪と46 坪のスペース2 戸。そして最上階がオーナー邸となっています。
オーナー邸の明るい玄関ポーチを入ると、キッチン・ダイニング、そしてリビングがひとつながりの空間になっており、和室はKH 様のこだわりのスペースとなっています。その奥にはサッシで仕切られた書斎があり、その壁に設えられた屋内階段が屋上へと続きます。

打ち放しコンクリートの建物が持つ力強さは表通りの「Cadre Azabujuban 」と呼応するかのようにオーナーのクリエイティブな感性を呼び起こすそうです。コロナ禍の影響でしばらく空いていた1 階にはクリニックが入ることになりました。

(編集部まとめ)

構造︓RC 造
規模︓地下1階、地上2階
用途︓店舗・住宅
設計・監理︓山内研/㈱HOU一級建築士事務所
竣工︓2020 年3月
施工担当︓村山・田所・富樫
撮影︓アック東京

256-3 Lauleʼ a Moto Azabu ( ラウレア モトアザブ)

家族の団らんスペースで「STAY HOME」を乗り切る

麻布十番商店街から1 本入った、大江戸線の麻布十番駅から徒歩4 分、六本木駅からも徒歩10 分という好立地のテナント併用住宅です。
コンクリートの打ち放しの外壁で、2 つのテナントは約22 坪です。
オーナーのKM 様は、コロナ禍で子どもたちにも外出自粛要請が始まった昨年春、やっと仮住まいだった家からこの家に引っ越すことができて、本当に良かったとおっしゃいます。

3 階の玄関から左に伸びる廊下の壁の裏側にキッチン、そしてさらに階段を2 段上がったところがリビングとなっています。リビングは三方に窓が開かれ、天井高は2700 ㎜とお子様がのびのびとトレーニングできるくらいの開放的なスペースです。
キッチンとリビングの段差を利用して、テーブルが設えられました。天板はKM 様こだわりの白のクォーツストーンです。
他の居室についても内装は白で統一され、テラスでひとつながりになった最上階は、隣接する「Cadre Motoazabu」の壁面が閉じた形になっているため、その反射で明るく伸びやかなプライベート空間になっています。
前面道路側の最上階の屋上には、水回りが設けられ、BBQ などのご家族団らんの場として活用されることでしょう。

(編集部まとめ)

構造︓RC 造
規模︓地下1階・地上3階
用途︓店舗・住宅
設計・監理︓山内研/㈱HOU 一級建築士事務所
竣工︓2020 年3 月
施工担当︓村山・堀内
撮影︓アック東京

 

256-4 2021 年「住宅建築賞」に『はつせ三田』が入賞しました

SHINCLUB248 号で紹介した『はつせ三田』が「2021 年住宅建築賞」を受賞致しました。入賞にともない6 月15 日(火)、東京建築士会の定時総会にて表彰式が行われ、建築主の株式会社愛宕長谷川の長谷川氏・設計者の株式会社ihrmk の井原氏・施工者である弊社からは代表の岩本が出席しました。
受賞理由は次の通りです。

「一辺1350 ㎜の立体格子をもとに明快な構成システムで組み立てられた共同住宅。グリット内に収められるのは、FIX または縦滑り出し窓、壁のいずれかで、各住戸のエントランスは原則建物中央のEV の両サイドに配置され、法的対応で半ば自動的に決められる外形。このシステムを丁寧に運用するこで、多様な住戸プラン、変化のある空間の繋がりや視線の流れを生み出した。(以下略)」

(住宅建築賞2021 入賞作品集「講評」より抜粋)

構造︓RC 造
規模︓地下1 階・地上7階
用途︓共同住宅
設計︓井原正揮・井原佳代/ ihrmk
竣工︓2019 年12 月