トップ4項目でご紹介しています。全ての記事をご覧になりたい方はバックナンバーのPDFをご参照ください。

246-1 ソーシャル・ディスタンス

「ESCENARIO MINAMI-AZABU(エスセナ―リオ南麻布)」 撮影:バウハウスネオ

写真は3月に竣工した、低層型の高級賃貸マンションです。場所は「麻布十番駅」と「広尾」駅の間、両駅まで徒歩10分ほどの閑静な住宅街。いろんな国の大使館も点在しており、気になるお店もたくさんある地域です。

設計は、「エスセナーリオ表参道」(2019年8月竣工)など弊社が数多くの物件施工させていただいている木下道郎先生。メゾネットやダイレクトインできる長屋、ペントハウスなど、それぞれ持ち味のあるプランが豊富に用意されています。

今月のフロントラインでは事業主の秀光建設株式会社大橋伸光社長にインタビューさせていただきました。コロナ感染予防のため、ソーシャルディスタンスに配慮して、机の間に衝立を立て、マスク装着で取材です。写真撮影の時は、さすがにマスクを外していただきました。

お盆前には「Go Toトラベルキャンペーン」を導入したにもかかわらず、「東京除外」措置がとられて、東京の人はどこにも旅行に行けない、地方の人からは迎え入れられない夏でした。自粛生活を送られた方々も多かったと思います。地方でもお盆だけど、都心で仕事をし、生活している若い息子・娘たちには「どうか帰ってくるな」と厳しく伝えてくる親も少なくなかったようです。仕事で地方に行った折、「観光客の方、お断り」という張紙を貼っている食堂を見て、寂しい気持ちになりました。
そもそも、「ソーシャルディスタンス=社会的距離」とは、家族との関係を、社会への参加を断たなければならないという意味ではありません。ほんとに物理的な距離を意味しているのだから、「フィジカルディスタンス」と言い換えるべきだという意見もあります。感染のリスクを避けるために、あえて物理的距離をとるのであり、家族や友人、人と人とのつながりは引き続き保っていきたいですね。

LINEやFACEBOOK、TwitterやInstagram、と距離をおいても情報交換できる豊富なアイテムがそろっていますが、顔も見ず、声も出さない短い言葉でのわずかなやり取りはそれだけのもの。
ZOOMやTeamsも音声や動画は見られたとしても足らないことだらけです。知り合いの大学生は、せっかく入学した大学にまだ一度も行っていません。オンライン授業のみだそうです。バイトもできず、学費や生活費を払えないので大学をやめるかもしれない学生もいるそうです。政府や学校は何とかそんなことだけにはならないよう、配慮してほしいものです。若い人たちが感染防止策をとりすぎて、孤立の道へ進むことだけは避けてほしいと感じます。

「この40年、思いもしなかったことが起きて、毎年のように新たな経験をしている」と、取材で伺った大橋社長の言葉が響きます。この変化に対応するために、新しいことに挑戦し問題を解決する気持ちを持ち続けたいものです。

246-2 ESCENARIO MINAMI-AZABU (エスセナーリオ南麻布)

都市生活者のための上質な空間

人とできるだけ近づかないことを「日常」とする世の中が訪れるとは、思ってもみなかった。いつもなら、聞き上手の編集さんのインタビューを楽しんでいるはずなのに、こうして拙文を書いているのは、その「日常」のおかげだ。

「人が集まる」「集まって住む」も「個体間距離」も、どちらも私には馴染みのキーワードだし、建築家はマクロミクロ、過去未来、ローカルグローバル、視座を変えてみることも得意技だ。

そういえば辰さんとのおつきあいも、東中野の『BALCON』以来もう20年になる。『二軒家アパートメンツ』もお世話になった。
無駄のない合理的なプログラムで、レンタブル比を極限まで高める。集合住宅の場合は、特に余計な装飾は削ぎ落としてコストを下げる。そういった姿勢に阿吽で応えてくれるから続いてきたお付き合いなのだと思う。
節目節目で予算調整の難局も救ってもらってきた。環境、社会構造、歴史、経済原則といったコンテクストのなかで、より豊かな暮らしを探究する。それが永続きする居住空間の本質なのではないだろうか。

社会の大きな変化を受容できる懐の深い建築。『エスセナーリオ南麻布』の界隈は資本主義経済の足跡で埋め尽くされている。安藤さん設計の豪邸はそのひとつ。江戸御府内最古の店蔵もあれば、大学の先輩飯田義彦さん初期の住宅もある。

豊かな界隈の中で、生活感が透けて見えない質素な外観の中に13戸の多様な生活の器が組み合わされている。ペントハウスパラダイスからの眺めを規定するランドマークは特別だ。
竣工直後にコロナ禍に出会い、入居者モデルに大きな転換があったそうだ。社会は変わり続けているのだ。近くにいて気がつかないより、ほどほどに離れて深く知るのもまたよし。パラダイムのシフトがこんなにも簡単であることも体験した。いい方向に転換できるなら、これほど勇気づけられることはない、のだが。

木下道郎/ワークショップ (寄稿)

 

所在地: 東京都港区南麻布3-4-5
構造:RC造
規模:地上3階、地下2階
用途:共同住宅
企画:㈱モデリア
事業主:秀光建設㈱
設計・監理:木下道郎/ワークショップ
施工担当:山川・田中
竣工:2020年3月
撮影:バウハウスネオ

 

246-3「ご縁で広がる街づくりの仕事」 大橋伸光/秀光建設株式会社 代表取締役

今月は、『エスセナーリオ南麻布』の発注者、秀光建設株式会社代表取締役の大橋伸光氏にご登壇いただきます。秀光建設株式会社は、木造の建売住宅の建設・販売を手掛ける一方、都心の収益物件の建設にも力を入れておられます。

—戸建住宅の建設・販売も長くていらっしゃるのですね。
大橋:秀光建設は私の父が昭和53年に設立し、この中野の地で仕事を続けて、5月で44期を迎えました。父は若い時から私には「好きな事をやればいい」と言ってくれていましたので、社会に出てからは幅広く勉強しようと、まず新宿にあるマンションデベロッパーに就職しました。その会社が、とにかく営業ありきで、号令をかけて「売ってこい」という、今でいうブラック企業。物件を買われたお客様は快適に住んでいるのだろうかと疑問に感じることも多くなって、数年して、父が体調を崩したので父の会社に入社しました。不動産の仕事もすぐには切れなかったので続けていきました。3年前に亡くなりましたが、父の教えは「何事も人とのご縁に尽きるものだよ」と言うものでしたから。

マンションデベロッパーで学んだ、会社の都合による販売ではなく、お客様本位の仕事をしたいと40代くらいまで快適な家づくりを心掛けていたのですが、不動産業も続けていると業界での知り合いも増えていきます。同業でいろいろと会う機会の多かった、モデリアの郷内秀峰社長とアルファマネージメントの米光清史社長と気が合って、食事をしたりしているうち、得意分野で協力して仕事をするようになりました。というのも50近くにもなると、不動産会社の社長さんは人の言う事聞いてくれる人ってあまりいないんです。新しいことをやりたいと考えても、うちの会社がやるべきこと、やれないことがあるという思いが強くなって、郷内社長や米光社長の力を借りて、建築家の木下道郎先生や佐々木龍一先生を紹介してもらいました。当時、赤坂に取得した土地に、いつもうちがやるような家を建ててと考えていましたが、「この場所にはもっと違ったポテンシャルがある」と皆さんからアドバイスを受けたのです。ミッドタウンの公園の裏手の静かなところで、隠れ家的要素もある。コンクリート打ち放しの外観で、少し傾斜のあるアプローチにヨーロッパの風合いを出した小舗石を敷き詰め、真っ白な擁壁、足元の照明、と木下先生の設計でわくわくするような建物ができました。地域に合った、資産価値としても有効なプロジェクトになって、稼働率もよく、こんなに違うものなのだと実感しました。

それから海外事情に詳しい佐々木先生の力もあって、海外の建築アワードに参加し、いくつかのプロジェクトで賞をいただくようになりました。受賞云々ではなく、心ときめく、お金には代えられないものです。単に今までにない奇抜なものというのではなく、使い手がいろんな住み方を想像させられるようなもの、シンプルな中にも躍動感のあるもの、そんな建物は街も変えます。だから責任も生まれます。同じ作るなら、そういう建物を作りたいと思いました。ヨーロッパでは古いものが大事にされます。アワードのイベントでは、そんな空気を海外の人たちから感じられることも大きいですね。
私が開発用地をいち早く入手し、郷内さんのマネジメントでプロジェクトにゆとりが生まれ、設計の先生方のプランで料理していただく。米光さんの管理で建物がずっと価値あるものとして生き続ける。3本の矢が5本の矢になり、今に至っています。

最近はコロナ禍となって、改めて「自宅」を充実させたいという人が増えています。先日もある物件が竣工を迎え、内覧会を開いたのですが、来場者のアンケートでは、家でやりたいことの要望が多岐にわたっていました。我々にとって大事なのは、なぜお申込みをいただけなかったかというマイナス情報の方。トイレにコンセントはもちろん、携帯を置く棚も用意していなくてはならないとか、私には思い付きもしないことも多く、かゆいところに手が届くように用意しておかないとならないのです。
バブルもあり、リーマンショックもあり、姉歯事件、そして今回はこのコロナです。私が仕事を始めたこの40年で世の中は思いもかけない出来事が起きています。そんな変化に柔軟に対応できる頭を持っていないとなりません。それにはまず人の話をしっかり聞かなきゃならないということ。今は友達だろうが夫婦だろうがスマホで、LINEで会話して済ませますね。私は家族や社員には直に話します。メールは大嫌い。直接電話で話したい方なんです。そうでなければ、本当の言葉の意味は伝わらないでしょう。

—本当にそうですね。本日はありがとうございました。

 

 

秀光建設株式会社

代表取締役 大橋 伸光
所在地:〒165-0026 東京都中野区新井1-12-14
設立:1978年
免許:東京都知事(11)第35066号
営業目的:戸建住宅・収益物件の建設・販売、不動産の売買・仲介・管理、建設工事の企画・請負・管理
電話:03-3385-7111(代) Fax:03-3385-7131

246-4 千駄ヶ谷駅前公衆便所改築工事 お披露目式 8月20日

千駄ヶ谷駅前公衆便所のお披露目式が、8月20日午前10時より行われました。
渋谷区では、昭和54年に建設され、洋式化も未整備であった同公衆便所を、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」開催時には多くの人が利用することが予想されるとして、秀逸なデザインとなるように整備することを目的として事業の公募を行いました。その結果、設計を谷尻誠氏・吉田愛氏主宰のSUPPOSE DESIGN OFFICEが、施工を辰が落札し、この度完成の運びとなりました。
当日は、長谷部健渋谷区長、千駄ヶ谷地区町会連合会会長山本昭様、設計の谷尻誠氏の挨拶の後、テープカットが行われ、式典終了後、施設見学も行われました。

長谷部区長は「延期となってしまった東京オリンピック・パラリンピックではありますが、ダイバーシティ渋谷を象徴する、まったく新しいデザインの建物となり、将棋の街、渋谷をアピールする、棋譜の掲示もうれしく思います」とコメント、建物の完成を讃えました。

SUPPOSE DESIGN OFFICEの共同代表、吉田愛氏は「大きなコンクリート打ち放しの壁が吊り下げられている開放的な空間は、セキュリティやダイバーシティに対して新たな解答を導き、また打ち放しの壁は硬化を遅らせる表面処理材リタメイトを採用し、打設後のコンクリートに洗い出し効果を得て、ハードな表情がスポーツ施設の多い周辺環境とも呼応しています」と施工面の特徴を語ってくださいました。建物の詳細については、また改めて次号以降に掲載します。

 

千駄ヶ谷駅前公衆便所改築工事
構造:RC造
規模:地上1階 用途:便所
設計・監理:谷尻誠・吉田愛/SUPPOSE DESIGN OFFICE
施工担当:鯨津・鍋島・森村
竣工:2020年8月