トップ4項目でご紹介しています。全ての記事をご覧になりたい方はバックナンバーのPDFをご参照ください。

259-1 住む人の記憶に残る生活空間

写真は、品川区に今年竣工した共同住宅です。地下1 階、地上3階のコンクリート打ち放しの建物は、篠原聡子氏主宰の空間研究所の設計です。建て主のK 様を取材しました。

K 様が子どもの頃から馴染みのある高輪台で共同住宅を建てることになりました。スペイン語で「陽だまり」という意味のSolanaと名付けられた建物を計画するにあたり、比較的間取りに余裕を持たせること・明るいこと・収納が多く使い勝手がよいこと、の3 つの要望を出されました。

三面道路に面したL 字型の高低差のある計画地には、以前は2 棟の木造2 階建ての賃貸住宅が建っていました。すべての住戸に光を取り入れられるようにアプローチ通路は三方向の計画とし、出窓のある白い壁に囲まれたその明るい吹き抜け通路はまるで路地のようです。室内は打ち放しと木の温かさ、白色のアクセントが住む方の暮らしを引き立てる内装になっています。

設計事務所に出会うまではK様ご自身で色々と調べられたそうです。そんな中「シェアハウス図鑑」(2017 年彰国社)という篠原氏が執筆された本を読み、面白そうだと連絡をされました。「デザインのエッジを立て過ぎると住みやすさと両立が難しいですが、そのデザイン性が居心地の良い空間を作っていらっしゃる篠原さん、金子さんのお二人を信頼してお任せしました」とK 様。

外構には二重のメッシュフェンスが設置され、外からは見えにくく建物の中からは外がよく見えます。採光や通風もよく、住宅地で周辺を行き交う人の気配が感じられる心地よい空間になりました。当初、入居者は20 代から30 代の女性やご夫婦などを想定しており、人生のステージが変わり別のところで暮らすことになったとき、「あぁ、あそこに住んでよかった」と記憶に残るような建物になるといいな、とK 様はおっしゃいます。

また、よく通るところに2017 年竣工のarchitecture WORKSHOPの北山恒氏設計のPeak Cottage があり、3 年ほど定点観測されたところ、いつまで経ってもきれいなコンクリート打ち放しに感動し弊社にお声掛けいただいたそうです。今回完成した建物もきれいに仕上がり大変満足とのお言葉をいただくことができました。また、入居された方からは土間キッチンや造作家具など反響いただいているとのことです。

この周辺には計画道路の予定があり、今回の建物はその変化に対応できるよう配慮し設計されました。建物に居心地の良い生活を求めて人々が集まり、その心地よさが地域に広がり品川エリアの変化に合わせてどのように感じられるのか今から楽しみです。

259-2 Solana Takanawadai

未来に明るい光を感じる住まい

建て主のK 様より「どの部屋もまんべんなく明るく、住む方の居心地が良い建物にしてほしい」というご要望をいただき、随所に明るさを確保し温かみのある建物にしようという想いで設計した。

三面道路に面し、高低差のあるL 型の敷地に建つ「Solana Takanawadai」。
一般的な片廊下形式のプランニングをすると、両側を界壁に仕切られ、開口部は正面の一か所からのみとなってしまい、まんべんない明るさを確保できずご要望に応えられないと思った。そこで、敷地形状を活かし住戸の二面が道路に面するように3つの住棟(細長い住戸・L 型の住戸・台形のワンルーム住戸)に分け、その間に動線を設けたシンプルな構成とした。その建ち方は「戸建てが3棟建っている」という感覚で、各住戸どこでも窓を開けられ、明るさが均等に入るように考慮した。各住棟の間が入口で、吹き抜けた立体路地から各住戸へアプローチする。それは、この住宅街の魅力でもある起伏した路地の体験を内包させたものである。トップライトは、階段室の温度によって開閉するシステム(降雨時、強風時に閉まるように屋上に感知器を設置)を特注で組み込み、光だけでなく風も取り込んだことで屋外に近い雰囲気を演出。立体路地に面する出窓から光と多様な景色を引き込んだ。

住人同士のプライバシーに配慮しながら立体路地に設けた出窓の明かりから、ここに住む人々はこの建物に住むことを共有できるのではと思う。

駅から近い立地で、普段は多くの人々が行き交い、地元の方の自転車が通ったりと人目が気になる。やわらかい光と風を取り込みながら視線を遮るよう、外構フェンスにはエキスパンドメタルを採用。外側からはほとんど見えず、内側からは気配が感じられるように裏と表で2枚貼りにした。

敷地の北側に計画道路の予定があるので、環境の変化に対応できる建物になるよう、階段室側の両側の壁の一部を乾式の認定界壁で作った。そうすることで建物を壊さず改修工事が行なえ、2住戸を1つにしたり、1人の所有者でワンフロアをオフィスとして使ったりと、将来多種多様な使い方ができるよう配慮した。

明るく使いやすいこの建物は、将来の周辺環境の変化に対応しながらも、その思想は変わることなく人々の生活も明るくしてくれることだろう。

(金子太亮氏 談/空間研究所)

構造︓RC 造
用途︓共同住宅・長屋
規模︓地下1階・地上3階
設計︓篠原聡子・金子太亮/空間研究所
施工担当︓池山・小坂
竣工︓2021 年5月
撮影︓新 良太

259-3 「『今』も『未来』も暮らしやすい設計」 金子太亮/空間研究所

今月は「Solana Takanawadai」の設計者、金子太亮氏にお話を伺いました。
日本大学大学院理工学研究科海洋建築工学を修了後、篠原聡子氏の主宰する空間研究所に入所され、数々の建物の設計を行っています。

―「海洋建築」とはあまり聞き慣れないのですが、大学時代はどのようなことを学ばれたのでしょうか。
金子︓ウォーターフロントという響きがとても新鮮で、高校生の僕はなぜか、これからは『臨海部がアツい』と思って海洋建築工学科に入学しました。入ったときは大規模な埋め立てはほとんどなくて、お台場やみなとみらいの景観や手すりなどの研究をやっていました。学科では、建築計画から設計演習、海洋学、環境学など学びました。一年生の海洋実習では、帆船のヤードに登ってセルを畳む体験をしたり、海洋生物を観察したりしました。また、いろいろな研究室があって、メガフロートからアオサ、漁村や海水浴場の迷子の研究まで本当に幅の広い学科でした。僕は、唯一デザインが学べる坪山幸王研究室に入って、臨海部の超高層集合住宅について研究していました。海洋建築では、環境と建築の関わり方を広く学んだと思います。

―そうなんですね。学ばれた校舎も海辺が近いところだったのでしょうか。
金子︓僕は6年間船橋で過ごしました。なにかあると大体幕張まで夜ドライブして、浜辺で語らっていました。男子2人で( 笑)海って偉大だなぁって思いましたね。

ー大学院修了後は篠原先生の事務所に入所されたんですね。
金子︓修了してからおよそ14 年が経ちます。最初は偶然にも大学近くでバレエスタジオの設計をさせていただきました。

ー住宅街にあるバレエスタジオですね。外壁の打ち放しコンクリートがとても綺麗でした。鎌倉で設計を手掛けられた外観が印象的な建物もありますね。
金子︓「SASU・KE」です。RC 造に屋根が木造の建物です。RCの塊が前面にでないように、ファサードに木製ルーバーを使用しました。外観と内部からの眺めに配慮して3つの角度でランダムに設置しました。また、高低差のある敷地なので、敷地と街が分断されないように大階段で中庭をつなぎ連続性を持たせ、店舗利用もできる住戸を計画しました。

ー名前が特徴的ですね。
金子︓建物のある場所が鎌倉の「佐助」というところなんです。
それと、「家」を意味する「ケ」を付けて「SASU・KE」としました。名前で言うと「サンカク」という建物も面白いですよ。山梨県の山中にある建物なんですが、冬場は雪が結構積もるので屋根の角度を60度にして自重で雪が落ちるようにしたんです。そうしたら、三角形の断面空間になって「サンカク」にしました。

ーシェアハウスやシェアオフィスの設計・運営もされていますね。意識していることなどはあるのでしょうか。
金子︓2012 年にSHARE yaraicho が竣工した頃はシェアハウスという形式はなくて、下宿とか寄宿舎はありましたが、デザインされたものはなかったと思います。その後、シェアハウスが乱立されていくのですが、そこには運営に対する備えがなくていろいろな問題が起きましたよね。SHARE yaraicho では、運営の核となる人物( 共同設計者で入居者)が設計から関わり、空間のコンセプトから使われ方までイメージを共有していたことはよかったと思います。設計者は竣工したら終わりではなくて、建物の使われ方も施主と共有することが必要なのかなと感じています。

ー現在進行中のプロジェクトのお話を伺えますか。
金子︓登戸の再開発エリアで集合住宅の共用部分とファサードのデザイン監修や高円寺でも集合住宅のデザイン監修をおこなっています。こちらは、まちのコミュニティの核となるような新しい建物を目指しています。

ー楽しみですね。本日はありがとうございました。

 

金子 太亮 (かねこ だいすけ)
1982 年  埼玉県生まれ
2005 年 日本大学理工学部海洋建築学科卒業
2007 年 同大学大学院理工学研究科前期博士課程海洋建築工学専攻修了
修士設計で「加藤賞」受賞
空間研究所入所 現在 チーフアーキテクト
2017 年 『サンカク』で「山梨県建築文化賞」受賞
2018 年 『サンカク』で「第21 回木材活用コンクール」受賞
『集合住宅H2138』で「Good Design Award2018」受賞
2019 年 日本大学工学部海洋建築学科 非常勤講師

259-4 「品川区の住宅(2005 年 SHINCLUB61 号)」の屋上リニューアル工事を行いました

昨年11 月、「品川区の住宅」のセカンドオーナーであるB 様より「屋上をファミリースペースとして利用できるようにしたい」とご相談をいただきました。「品川区の住宅」は2005 年3月に弊社で新築を施工した物件で、B 様は3 年程前に建て主のH 様より建物をご購入され、その後ご家族4人で住まわれています。

ご購入時、屋上をファミリースペースとして使いたいという想いがあったB 様ですが、コロナ禍でご自身やお子さまが在宅する時間が増えたことで、その想いは日に日に強くなっていたそうです。弊社としても、新築した建物が、住まわれる人の移り変わりとともにいろいろなカタチで建物の歴史を重ねていく姿を拝見でき、また携われることに喜びを感じつつ、今回のご相談に対応いたしました。お引渡し後、オーナーのB 様夫妻にお話を伺いました。

ーこちらの建物をご購入されるにあたって何かきっかけがあったのでしょうか。
B 様︓もともとここからすぐ近くのデザイナーズマンションに住んでいたのですが、賃貸でしたし2人目の子どももできたタイミングでもあったので家の購入を考えていました。2 年間くらい新しい家を探していたところ、妻がこの家を見つけてくれたんです。
奥様︓たまたま近くを通りかかったときにこちらの家が目に入りまして。その時はまだ売り出しとかされていなかったにもかかわらず、見た瞬間言葉では表現できないご縁を感じました。「あ、将来この家住むだろうな」という直感といいますか。

B 様︓そしたら2017 年12 月頃に売りに出されまして、子どもを連れて内見に伺ったんです。お陰様で今に至っています。
奥様︓子どもがゲームでモノを造ったり建てたりするのですが、オシャレな家に住んでいる影響か、ゲーム内で綺麗なモノやこだわったモノを造るんです。その姿を見ているとオシャレな建物に住むことは子どもの教育上とてもいいものだなと感じました。美的感覚が自然と磨かれると言いますか、小さい頃からその風景が当たり前だと、考え方もそれが基準になるんだなと。本当にこちらの建物に住めてよかったと思います。

ー工事完了から3週間程経ちますが、屋上でなにかされましたか。
奥様︓下の子がまだ小さいので、落下防止のネットを張っているところです。主人は階段ができた次の週にはビールやコーヒーを飲みながらゆっくりとした時間を楽しんでいます。あとはテレワークなのでPC 持って行って仕事をしたり。夕日や月がとても綺麗に見えるんですよ。近くに大きな公園があって、冬で落葉すると見えなかったものが見えたりと景色が変わって行く様子もとても楽しいです。

ー四季折々が望めて良いですね。今後の活用方法などはありますか。
奥様︓最初の目標は「家族でお月見をする」なんです。次はハロウィンの装飾をしたり、その次はクリスマスツリーを飾ったり。アメリカではイースターにお庭にたまごを隠してそれを探しだす「エッグハント」というイベントがあるんですが、是非子どもたちとこの屋上でやりたいと思っています。イベントごとの「楽しい」を家族で過ごせる場所にしたいですね。

ー一年中楽しんでいただけるスペースになりそうですね。本日はありがとうございました。